読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武闘派法律家の真実ブログ時代の変化を捉える職人・公益性と事実の意見

巨額の損害賠償請求・司法書士や税理士へ余り過ぎた弁護士が襲いかかる時代 否認や非弁の無料鑑定・公認会計士飯田はじめ03-3984-2333このブログは飯田の個人的意見です

国税は後出しジャンケン・KSKの人工知能の脱税発見ソフト・相続税の租税回避の節税まで対策は全部失敗し無駄・無理・高額支払報酬はオーナー相続対策は損金不算入で認定役員賞与課税・否認は損害賠償請求

最近は税理士や司法書士の専門家責任が判決や判例が、でている。これは増えすぎた弁護士が他の資格者へハンティングしているとしか思えないが、依頼者から資格者へ躊躇なく損害賠償請求する時代なのだろう

これ後出しジャンケンでは無いのかと思うが気をつけないと。

国税後出しジャンケン・KSKの人工知能の脱税発見ソフト・相続税の租税回避の節税まで対策は全部失敗し無駄・無理・高額支払報酬はオーナー相続対策は損金不算入で認定役員賞与課税・否認は損害賠償請求

人の振り見て我が振り直せ

 

映画『ハドソン川の奇跡』感想・事故映像あり コンピュータ社会の盲点「人的 ...

 

映画『ハドソン川の奇跡』感想・事故映像あり コンピュータ社会の盲点「人的要因」 ※ネタバレあり

TOP > 映画 > 2016年公開  list 

http://www.kousuku.com/entry/20160925/Sully

ハドソン川の奇跡』をIMAXで観てきました。実話をもとに飛行機事故の裏話が描かれています。トム・ハンクスの名演とコンピュータ・シミュレートとの戦いが見どころになっています。

あらすじ

2009年のアメリカ・ニューヨークで発生した航空機事故を、チェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。

2009年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がNYの上空で鳥の群れとぶつかりエンジンが停止してしまう。機長のサリー(トム・ハンクス)と副操縦士ジェフは必死に機体を制御し、空港への着陸を諦めハドソン川に着水する。マイナス2度という寒い気温の中、無事乗客全員の救出に成功する。サリー機長は英雄として称賛されるが、国家運輸安全委員会から判断に誤りがあったのではとの疑いをかけられる。

どういう事故だったのか?

USエアウェイズ1549便不時着水事故(USエアウェイズ1549びんふじちゃくすいじこ)は、2009年1月15日午後3時30分頃(東部標準時(UTC-5))に、ニューヨーク発シャーロット経由シアトル行きのUSエアウェイズ1549便が、ニューヨーク市マンハッタン区付近のハドソン川に不時着水した航空事故である。

USエアウェイズ1549便不時着水事故 - Wikipedia

原因となった鳥はカナダガン で、機体は着水から1時間で水没したそうです。着水4分20秒後に通勤フェリーが現場に到着しているそうです。早いですね。マンハッタンという都会だったことが救出の速さにつながっています。

実際の動画がありましたので載せておきます。

着陸後から10分までの動画です。

youtu.be

こちらは、ニュースの総集編です。

youtu.be

感想

トム・ハンクスの名演を観ることが出来ました。国家運輸安全委員会から調査され不利な情報が入ってきてからの緊張感ある表情は見事です。実際の機長と副機長の写真を見るとよく似せているなと思います。米国では機長は有名人で多くの人に顔も覚えられているので似ていないといけないですね。

 

USエアウェイズ1549便不時着水事故 - Wikipedia

この事故は日本でも何度もTV放映されています。まさか空港に戻れたのではないかという疑惑がかけられたとは思っていませんでした。疑惑のキッカケはコンピュータに残るデータが左エンジンが稼動していたことを示していたからです。結局そのデータは誤りだったのですが、本当に迷惑な話です。疑惑をかけられるもう一つの理由は保険の問題です。機長の判断ミスとなれば保険会社の支出も変わってくるので裏では保険会社も必死に動いていたのではないでしょうか。飛行機一機分と諸々とになると大きいですね。この辺りはあまり詳しくは描かれていませんでした。

人はコンピュータの結果を信頼する

作品の焦点は、国家運輸安全委員会の判断基準が帰港出来たというシュミレーションの結果の方を優先させ機長の判断に強く疑いをかけてしまうところです。緊急事態発生時は人も通常の精神状態であるわけではないので、判断スピードが遅くなり、ミスの発生も多くなります。この事故では機長は経験豊富だったこともあり適切な判断が出来ましたが、もしそれだけの経験・精神力のない人だったらどうだったのでしょう?ハドソン川に着水して生還してもシュミレーションの結果に負けていたかもしれませんし、管制塔の指示に従い大惨事を起こしていたかもしれません。また、コンピュータのデータの誤りが証明出来なかった場合はどうなったのでしょう?考えると怖くなります。そこには白黒をはっきりさせないといけないという現代社会の仕組みが問題になっているように思えます。白黒はっきりさせるのはコンピュータの得意分野です。そしてその仕組みは個人や弱者に不利に働くことが多いのではないかと思います。

公正でない検証

作品中、空港に帰れたかどうかの検証シュミレーションで見事帰れることが出来きてしますのですが、そのために練習を17回行ったと言うのです。人的要因が抜けているということで判断までの時間として35秒を追加して再度検証してもらい、やっと帰れないことが証明されるのです。現実は練習なんて出来ないですし乗客の人命もかかっていて緊張感が全く違います。17回も練習していること自体、機長のせいにしようとしている意図が丸見えです。許しがたい行為です。

人の判断は重要

コンピューターに管理される時代が急速に訪れようとしていますが、重要なところの判断はやはり人がすべきですし、判断に誤りがあった場合でも何らかの救いの道は用意しておかないといけないのでしょう。窮地に追い込まれそこから奇跡を起こしたとしても今回の様に疑惑をかけられてしまと、その後も精神的なダメージは残ると思います。人の心を傷つけないようなプログラムが必要です。

明日は我が身

自動車の自動運転技術が進化を遂げ実用が目前に迫っています。事故が発生した場合、初めにコンピュータのデータ解析が行われ調査が進められることでしょう。事故の当事者の発言とデータ解析の結果が異なっていた場合にどちらを正とするのかということが大きな問題になってきます。コンピュータの虚偽によって追い込まれることがあるのかもしれません。バグはなかなか発見できないものもあります。コンピュータの虚偽を明かすには大変は労力が必要となる場合があります。

 まとめ

私が長年コンピュータの仕事をしてきたせいもあり、非常に興味深い内容でした。コンピューター化がどんどん進む中、自分の作業に関して自分の意と反して悪者扱いされた方もいるのではないかと思います。(「ログの方がが正しい」という考え方で)今作品では人的要因の考慮が1つのポイントとなっています。今後、様々な事柄の判断材料としてコンピュータのデータが使われることが多くなってきます。人的要因の考慮なしで個人を追い込むような事はますます起こりやすくなるのですが、決してあってはならないことです。今作品のように勇気をもってその誤りに対抗しないといけないのです。そういう意味で、今作品は今のコンピュータ社会にとってのいい教訓になったのではないかと思います。

予告動画

ハドソン川の奇跡 ですがあの35秒のハンデ時間は、フェアな時間だと思い ...

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11164759126

ハドソン川の奇跡 ですがあの35秒のハンデ時間は、フェアな時間だと思いますか。

当然ですね。同時に2基のエンジンが出力を消失する、過去に例のない突発的な事態が起ったのですから、状況を確認しエンジンが復旧できるか試みるのも、また当然も当然。事前に何が起こるか分かっていて直ぐ空港に引き返すシミュレーション訓練は、17回も行われたと言ってましたからね。
https://www.youtube.com/watch?v=BKCzVdVfJBs

 

富裕層の税逃れ監視、全国展開 国税庁、来年7月から

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161025-00000120-asahi-bus_all

朝日新聞デジタル 10月25日(火)22時30分配信

 国税庁は25日、国際的な租税回避や富裕層による海外への資産隠しなどに対応する「国際戦略トータルプラン」を公表した。このなかで、富裕層の中でも特に資産を持っている人たちの情報を専門的に集めて監視する取り組みを、来年7月から全国に拡大することを明らかにした。

 「パナマ文書」の公開やOECD経済協力開発機構)による税逃れ対策の進展で、国民の関心が高まっていることから、国際的な課税への取り組みを初めて取りまとめて示した。
 超富裕層への取り組みは「重点管理富裕層プロジェクトチーム(富裕層PT)」といい、2014年7月に東京、大阪、名古屋の各国税局に設置した。現在は計約50人で構成する。

朝日新聞社

 

          

以下記事転載

相続税逃れの海外移住に網 政府・与党検討 居住5年以上にも課税

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H2S_Q6A021C1MM8000/

2016/10/21 2:03

日本経済新聞 電子版

フォームの始まり

フォームの終わり

 政府・与党は海外資産への相続課税を抜本的に見直す方針だ。相続人と被相続人が海外に5年超居住している場合、海外資産には相続税がかからないが、課税できるようにする。税逃れに歯止めをかける狙いだ。日本で一時的に働く外国人が死亡した場合、海外資産にも日本の相続税をかける現状も変える。

 自民税調は2017年度税制改正大綱に盛り込む方向で議論を始める。日本の相続税は亡くなった人の資産が一定額以上だと税率がかかる。たとえば夫が亡くなり、妻と子2人が相続する場合は土地や現金、有価証券などの資産額が4800万円を超えると原則、超えた額に税金がかかる。

 海外資産も課税対象だが、相続人と被相続人が海外に住所を移してから5年超たち被相続人が亡くなった場合、海外資産には税がかからない。

 資産が数十億以上の富裕層の中には「租税回避のためにシンガポールなどに資産を移し、5年を超えるように海外に住む人がいる」(都内の税理士)という。財務省日本国籍を保有する人や10年以上海外に居住していない人には海外資産にも相続税をかける案などを検討する。

 同時に日本で一時的に働く外国人が亡くなった場合に日本の相続税が全世界の資産にかかる現状も見直す。海外資産は対象から外し、日本の資産にだけ相続税をかける。「日本の相続税を理由に日本で働くことを敬遠する高度人材がいる」(在日米国商工会議所)。日本に永住権を持っていたり、5年以上日本に住んでいたりする外国人には海外資産にも相続税を課すが、それ以外の人は対象から外すなどの案が出ている。

 国内の大手企業では外国人を経営陣に迎えるケースが増えている。経済界からも日本の相続税が海外の人材を登用する際の障害になっているとの指摘がある。米国や英国では一時的に働きに来ている外国人には国外資産は相続税の対象から外している。

 

海外移住者へ課税強化=富裕層相続税逃れ―政府・与党検討

時事通信 10月21日(金)16時58分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00000107-jij-pol

 政府・与党は21日、相続税や贈与税から逃れることを目的に海外移住する富裕層への課税強化を検討する方針を固めた。
 現行の制度では、相続人と被相続人がともに5年を超えて海外に住んでいる場合、海外にある資産は日本の相続税の課税対象にならないが、この条件を見直す。今後議論を進め、12月にまとめる2017年度の与党税制改正大綱に盛り込む方針だ。 日本の相続税最高税率は55%(相続資産6億円超の場合)だが、海外では相続税・遺産税がなかったり、税率が著しく低かったりする国・地域もある。課税回避のために海外へ移住する富裕層が一定数いるとみられ、シンガポールやオーストラリア、香港などが主な移住先とされる。

 

 

 

以下記事転載

http://myhoumu.jp/online/lp/201611/?fb

判決   賠償額

東京地裁平成24年1月30日判決    2億6,524万5,650円

東京地裁平成12年6月23日判決       39,462,278円

東京地裁平成10年9月18日判決       12,150,000円

東京高裁平成7年6月19日判決          8,346,870円

東京地裁平成13年10月30日判決      3,258,216円

税賠請求を受けて高額の賠償金を払う必要が生じた場合、
最悪の場合、破産するしかありません。それはなんとしても避けなくてはなりません

 

粉飾に加担した税理士の責任を2割認めた裁判例(東京地裁平成28年9月14日)粉飾に加担した税理士の責任を2割認めた裁判例東京地裁平成28年9月14日)http://taxmlcheck.jugem.jp/?eid=2474

粉飾に加担した税理士の責任を2割認めた裁判例東京地裁平成28年9月14日) 

1審東京地裁では、税理士全面勝訴だったようですが。控訴審である東京高裁は、一部税理士の責任を認めた。

仮払金が不正資金になっていたことは知らなくても。期末だけ未払金と相殺処理する提案は、税理士サイドからだった。 

金額も3800万円程度と、少ないとは言えず。これを期末の決算書だけ、隠してしまう処理に加担していた。 

高裁は、職務遂行上得た財務会計情報について。正確に反映しない書類作成を、それと知りつつ行うことはダメだと。

 税理士法1条を根拠にしつつ、不正な粉飾処理をしないことも。契約上の委任業務に係る委任の本旨に含まれるとした。

 とは言いつつも、元々は、訴えた側自身が容認し、監督不十分だったのが。
最大の原因であることは、はっきりしているわけだから。 

8割の過失相殺を税理士に認めて、2割部分の責任を課した。2割でも、300万円以上あるのですけどね。ということで、中間管理職から指示された粉飾に加担して。最終的に、関与先自身から損害賠償請求を受ける羽目になった。

 ビジネスでは、手の切り方が、一番難しいのはその通りですが。

 それでも、どこかでノーと言える余地が必要なのでしょう。

専門家としては、自分自身の退路を確保するのが何より大事。

 「そんなことしたら、仕事がなくなる」という人もいるのは、事実ですが。

 しかし、それでなくなる仕事を受けずに済むように。普段の仕事の質を高めるのが、専門家ということなのでしょう。いや、自分自身をそう鼓舞しつつ、前を向くだけなのですが。(税理士・公認会計士 濱田康宏)

 

福住コンクリート工業事件・大阪高裁判決―濫用的会社分割による労働 ...

福住コンクリート工業事件・大阪高裁判決―濫用的会社分割による労働組合潰しについて元代表者の責任に加え関与した司法書士の責任 を認める

2016年01月15日

弁護士 谷  真介

3 N氏の責任のみを認めた地裁判決と指南・関与した司法書士の責任まで認めた高裁判決

平成27年3月31日の大阪地裁判決(中嶌崇裁判官)は、N氏が会社分割を悪用して組合を壊滅させようとしたことを認定し、組合員4名及び組合に対する合計約1000万円の損害賠償請求を認容した。しかし、関与した司法書士に対する請求は、N氏の意図を認識していたとはいえず、また容易に認識し得たともいえないとして棄却した。N氏も司法書士も会社分割の悪用の事実を全面的に否定・証言していたため、N氏の責任を認めさせるのが精一杯、という内容の判決であった。

これに対し、N氏はすでに破産していたため(配当は雀の涙ほどであった)控訴しなかったが、組合及び組合員らはこれでは実質的な救済にならないとして控訴。高裁では、組合側は司法書士に少なくとも過失責任が認められるべきだという主張(司法書士には専門家として高度の注意義務が課されており、労働者の権利を違法に侵害する疑いがある場合には、会社分割登記を依頼されてもこれを拒否して関与を避ける義務があった)を強調し展開した。

平成27年12月11日の大阪高裁判決(佐村浩之裁判長)は、司法書士が会社分割に関する豊富な経験を有していたこと、会社分割登記だけでなく会社分割による財産関係をも把握していたこと、組合との合理化に絡むトラブルが会社分割の原因であることを認識していたこと、N氏に新福住の社長を紹介したこと、組合員がすべて新福住に残ることを知っていたこと、会社分割無効の訴えの期間制限についてN氏に回答したこと等の間接事実を認定し、そこから司法書士がN氏と共謀して故意で会社分割・組合潰しを示唆したことを認定。過失どころか故意の責任(共同不法行為責任)を認め、司法書士に合計約1000万円の損害賠償を命じたのである。

4 本件の意義

本件は、会社法の分野においても制度の欠陥が指摘され分割会社に残された会社債権者からの詐害行為取消訴訟が頻発するなど問題の多い会社分割制度を利用し、分割会社に組合員を残して分割会社のみ事業閉鎖をし組合員を解雇して組合を壊滅させることにより、従来なされていた偽装閉鎖・解雇と同様の目的を達成する新手の手法に対して、首謀した元代表者N氏の不法行為責任に加えて、これに指南・関与した司法書士の責任まで認められた判決であり、先例的にも意義がある。会社分割制度の問題点について、労働者保護の側面からも警鐘をならすものであり、平成27年5月1日に改正施行された改正会社法でもその点の配慮はなされておらず、この事件をきっかけに立法的解決が必要である。

弁護団は、徳井義幸、谷真介、喜田崇之)

 

 

 

 

匿名掲示板から

脱税指南など故意の悪質なケースの場合は、時効は7年になります。それに脱税のような悪質なケースでは、本来の税金に加えて追徴課税が加えられます。

まず重加算税として、本来納付すべき税額に加えて35~40%の罰則分が加わります。未公開株式の持株会社コンサルタントは経費費用に成りません

さらに年率14.6%の延滞税率も加算されます。7年前の過去にさかのぼって脱税が発覚すれば、追徴課税分を含めれば本来の税率の2倍以上で脱税の同額が課税されます。

事業承継コンサル報酬や相続税の節税コンサル報酬が会社の経費になるとコンサルに言われ損金算入していると大阪国税局では税理士顧問料や司法書士登記代まで

無条件に全件税務調査で役員賞与と認定されます。税務リスクとは 未公開株式の相続税の節税の事例により役員賞与として否認(認定)された場合には、徹底的に反逆者と

1.重加算税の対象になることが多い 次回の調査時期が早まるとともに、重加算税の対象となった旨が永久に税務署の履歴に残ってしまいます。

2.法人税の追徴税額が発生するこれには、 期間利息として延滞税等の附帯税も同時に課されます。相続税の節税コンサル自体の信頼性が国税から否定されたと同じです

3.役員賞与と否認された金額に対応する源泉所得税が発生する法人税と同様に、期間利息として延滞税等の附帯税も同時に課税されます。相続税増税時代に真逆です。

4.役員個人において、役員賞与と否認された金額に対応する個人の所得税地方税が発生します。未公開株式相続税の節税コンサルのセミナー代まで否認されます

5.場合によっては、消費税の課税も生じる 経費を否認して役員賞与とした場合は、経費に掛かっていた消費税が認められないことになります。正規税理士では無いから

したがって、役員賞与として否認(認定)された場合には、「法人税」「源泉所得税」「所得税」「消費税」の課税関係が生ずることとなり、ダメージが大きくなります。