武闘派法律家の真実ブログ時代の変化を捉える職人・公益性と事実の意見 武闘派法律家

巨額の損害賠償請求・司法書士や税理士へ余り過ぎた弁護士が襲いかかる時代 否認や非弁の無料鑑定・公認会計士資格 飯田はじめ03-6265-6349このブログは飯田の個人的意見です

外国会社のためのインバウンド法務――事業拠点開設・不動産取引の登記依頼でも司法書士は専門家責任で背後の不正疑惑を感じて回避しないと事件に巻き込まれてしまう

司法書士が香港・韓国・中国などから日本の支店や会社設立が依頼されても

漫然と登記手続きをして司法書士が専門家責任で、気が付かずに手続きしたら

「何かおかしい」「何で高額マンションを現金支払?」「どうBVIシンガポール・香港法人のオーナーは日本人らしい」「ノミネーが有るがシンガポール法人では日本人が実質オーナーらしい」「暴力団の匂いがある」など後出しジャンケン

も香港・韓国・中国のマネーロンダリング・ワイロや不正資金の還流・日本人の脱税した資金還流やマネーロンダリングに関与していたなら脱税幇助・組織犯罪処罰法・犯罪収益移転防止法専門家責任を問われかねない。

 

司法書士が香港・シンガポール・韓国から日本会社設立や支社設立で不正脱税マネーロンダリング・ワイロ・ブラックマネー資金の還流幇助はリスクある。

平成28年10月1日から改正犯罪収益移転防止法が施行されており、これに伴い、本人確認の手続きが変更になっております。

 政府広報ホームページ

http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201610/1.html

 犯罪収益移転防止法の概要(平成28年10月1日以降の特定事業者向け)

https://www.npa.go.jp/sosikihanzai/jafic/hourei/data/filowcls20161001.pdf

 

もし、最近の海外法人の高額タワーマンション購入やBVI香港法人の事業拠点の支店で香港HSBC東京支店への巨額不正な脱税の資金還流やマネーロンダリング租税回避を幇助となれば税理士でもある飯田は国税に情報提供する義務がある。

課税・徴収漏れに関する情報の提供

 課税・徴収漏れに関する情報の提供については、次の受付をご利用ください。

 

      

外国・香港・韓国・シンガポール・中国からの日本会社設立・支社設立は不正資金の還流・脱税した資金・ワイロ・ブラックマネーの還流リスクある・その資金で不動産投資など不法行為では官憲の追求がある。知って司法書士関与なら脱税幇助や組織犯罪処罰法・犯罪収益移転防止法の刑事罰のリスクある

外国会社のためのインバウンド法務――事業拠点開設・不動産取引 単行本 – 2016/8/20内容紹介

外国に本拠地を持つ企業が日本に進出するときに、事業拠点となる会社を設立したり、不動産を取得する際に、外国企業ゆえに必要となる特別な法手続(官公庁への届け出、登記等)のポイントを、当該分野に精通する著名な司法書士がわかりやすく解説。司法書士だけでなく、外国企業から最初に相談を受ける、行政書士、税理士、商社、不動産業者、外国企業と取引・提携している会社にとって必読の書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

 鈴木龍介 司法書士(簡裁訴訟代理等関係業務認定)/行政書士司法書士法人鈴木事務所代表社員日本司法書士会連合会民事法改正対策部委員、リスクモンスター株式会社(東証ジャスダック上場)社外取締役(監査等委員)、山形大学人文学部非常勤講師、千葉商科大学大学院特別講師、税務大学校講師
稲垣裕行 司法書士(簡裁訴訟代理等関係業務認定)/行政書士。なのはな法務事務所代表。日本司法書士会連合会渉外業務推進委員会委員長、大阪外国企業誘致センターアドバイザー
吉田聡 司法書士(簡裁訴訟代理等関係業務認定)/行政書士吉田聡司法書士行政書士事務所代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

こういう本を読んでも、そのまま依頼者の言うとおり漫然と設立・不動産登記を疑問を持たないでいると組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反・脱税幇助の不正資金の幇助と成りかねない。

 

予め知識を付けて勉強しリスクを避けるのがプロの司法書士であろう。

無事是名馬とは - はてなキーワード - はてなダイアリー

無事是名馬ぶじこれめいば目次

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%B5%BB%F6%C0%A7%CC%BE%C7%CF

怪我が無く長い間第一線で活躍できる事こそが、競走馬として最も重要な条件であるという格言。「無事これ名馬」「無事之名馬」とも。

小説家菊池寛が、臨済録の「無事是貴人」をもじって述べたものが起源といわれている。

「無事これ名馬」とは菊池寛造語。「無事これ貴人」をもじって作った、と菊池寛自身のエッセイ「無事之名馬」で語っている。『優駿』創刊2号(1941年6月号)に掲載されたが、都立図書館に所蔵なし。

「無事是名馬」という言葉は本当にあるのか。鹿児島県立図書館で20冊以上のことわざ事典や仏教語辞典、馬... | レファレンス協同データベース

競走用に品種改良されたサラブレッドがいかに脆いかを表している言葉でもある。昨今では競走馬のみならず、ハードなトレーニングを要し怪我の危険性が常につきまとうアスリート達に当てはめる事も多い。

 

日本人の富裕層がペーバーカンパニーのタックスヘイブン海外銀行口座から日本会社設立や支社設立で資金送信し更に、不動産投資で資金を隠蔽工作し租税回避したら司法書士でも脱税幇助と成りかねないリスクある専門家責任が問われる時代である。

国税が脱税の資金還流やマネーロンダリング租税回避の解明に必死に成っている。

日本人のタックスヘイブン外資産の資金還流は脱税の国税後出しジャンケン司法書士も専門家責任に成りかねない。

 

日本人ペーバーカンパニーの海外資産・銀行口座までタックスヘイブン租税回避の日本へ資金還流の不動産投資で会社設立は司法書士も専門家責任を国税で脱税幇助に成りかねない。

 

国税に逆らうととんでもない。

国税のいちゃもんで利益が一気に吹っ飛んだサッポロビール - FX相場は僕 ...

「極ゼロ」酒税戦争で国税庁に楯突いたサッポロの代償|inside Enterprise ...

これが真相だ!「国税に土下座」サッポロビールが震えた日 大ヒット商品『極 ...

【国内】「国税に土下座」サッポロビールが震えた、大ヒット商品『極ZERO ...

 

司法書士はプロ専門家責任として背後の事情を良く洞察することであろう。

司法書士の専門家責任として言いがかりの難癖である事も最近の風潮である

福住コンクリート工業事件・大阪高裁判決―濫用的会社分割による労働組合潰しについて元代表者の責任に加え関与した司法書士の責任 を認める

2016年01月15日

弁護士 谷  真介

 http://www.minpokyo.org/journal/2016/01/4372/

平成27年12月11日の大阪高裁判決(佐村浩之裁判長)は、司法書士が会社分割に関する豊富な経験を有していたこと、会社分割登記だけでなく会社分割による財産関係をも把握していたこと、組合との合理化に絡むトラブルが会社分割の原因であることを認識していたこと、N氏に新福住の社長を紹介したこと、組合員がすべて新福住に残ることを知っていたこと、会社分割無効の訴えの期間制限についてN氏に回答したこと等の間接事実を認定し、そこから司法書士がN氏と共謀して故意で会社分割・組合潰しを示唆したことを認定。過失どころか故意の責任(共同不法行為責任)を認め、司法書士に合計約1000万円の損害賠償を命じたのである。

 

 

日本人の脱税した資金の還流には国税が特に監視している。

 

富裕層狙い 国税庁の「税逃れ監視プラン」とは?

ZUU online 11/1(火) 17:32配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-00000016-zuuonline-bus_all

超富裕層狙い 国税庁の「税逃れ監視プラン」とは?(写真=Thinkstock/Getty Images)

2016年4月に公開された「パナマ文書」では世界の超富裕者層や企業の租税回避の実態が暴露され世界に衝撃を与えた。米アップルのような多国籍企業は軽課税国に売上を計上することで租税回避を行っているとして、EUはアップルに対し、過去のアイルランドでの法人税未納分として145億ドル(約1.5兆円)の支払いを命じた。個人や企業の節税行為は違法ではないが、国際的な租税回避に対する取り締まり強化へ世界は動き始めている。日本の国税庁が進めている税逃れ監視プランについても詳細を説明しよう。 

 

海外の口座情報を監視 富裕層の税逃れ防ぐ 国税庁、18年から 40カ国超と連携 2015/1/19付日本経済新聞 朝刊

フォームの始まり

フォームの終わり

 政府は海外に資産を持つ富裕層による租税回避(総合・経済面きょうのことば)の監視を強化する。40カ国を超す税務当局と連携して日本に住む人が海外に持つ預金などの口座情報を捕捉し、2018年から国税庁に集約させる。ケイマン諸島など英領の租税回避地タックスヘイブン)の協力も得る。国境を越えた税逃れに国際連携で対抗する。(関連記事総合・経済面に)

 例えば、海外駐在中に米国とフランスなど複数の国で銀行口座を開いたサラリーマンなどの口座の情報も18年からは把握できる。合算して5000万円を超えなければ問題ないが、超えるのに税務署に故意に申告しなかったり、虚偽の記載をしたりした場合などには1年以下の懲役または50万円以下の罰金を科す。 国税庁も各国の税務当局に対し相手国に住んでいる人が日本に持つ口座の情報を与える。国内の金融機関に対して情報提供を義務付けるため、26日召集の通常国会に租税条約実施特例法改正案を出し、成立を目指す。 外国に住む人が日本で口座を開くときには、生年月日や居住地国、その国の納税者番号などを記載するよう求める。金融機関は年末時点に存在する口座の情報を翌年4月末までに本店を管轄する税務署に報告する。 虚偽情報を記した預金者や受け取った情報を意図的に提出しなかった金融機関には懲役や罰金を科すことも検討する。 これまでも金融機関は海外からの入金情報などを国税当局に提供してきた。しかし、口座残高なども含めた情報をまとめて定期的に送ることは義務付けていなかった。

 

組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律

犯罪収益のマネー・ローンダリング(資金洗浄)行為の処罰、犯罪収益の没収追徴などを定める。略称は組織犯罪処罰法組織的犯罪処罰法など。

 

脱税の両罰規定

脱税の両罰規定 | 税務ニュース - 大向税務会計事務所

http://www.omk-tax.com/taxnews/tax-inspection/499.html

法人税163条①では、脱税を行った場合、その行為者を罰するほか、その法人に対しても罰金刑を科するとなっています。
脱税の場合、法人税のみならず、所得税等においてもこのような両罰規定と呼ばれる形式で、法人とその行為を行った者の双方を罰することとしています。

 国税局の査察調査を受けている会社の経理担当者で、役員でない場合でも、法人税を免れるための不正行為に関与した場合は、処罰されます。
法人税の場合だと、会社が納税義務者ですが、犯罪の主体は代表者、代理人、使用人、その他の従業員となります(法159条①)。
会社の経理担当者は、この法159条①のその他の従業員となり、法人税のほ脱犯として処罰されますが、関与の程度によっては、幇助犯になることもありますので、経営者に脱税を支持された場合でも責任をもった経理業務を心がける必要があります。ちなみに、脱税に関与した税理士は、ほ脱犯の共同正犯又は幇助犯として処罰されることとなります。

 

 

海外送金40億円、資産隠し目的か 強制執行妨害容疑で逮捕の「古都税 ...

2015.10.27 09:48

http://www.sankei.com/west/news/151027/wst1510270023-n1.html
海外送金40億円、資産隠し目的か 強制執行妨害容疑で逮捕の「古都税交渉役」ら執行妨害容疑で逮捕された西山正彦容疑者=平成27年10月26日午後、京都市中京区 海外口座に約2億円の資産を不正に隠したとする強制執行妨害事件で、逮捕された不動産会社「ペキシム」の元社長、西山正彦容疑者(69)=写真=ら6人が、海外の別口座に送金を繰り返すなどした資産総額が約40億円に上ることが26日、京都府警への取材で分かった。府警は、これらについても資産を隠蔽する意図がなかったか慎重に調べる。

 ほかに逮捕されたのは、ペキシム関連会社の石油販売会社「アルフレックス」の共同代表で、正彦容疑者の次男、篤麿(あつま)容疑者(38)や、同社共同代表の近藤憲和容疑者(68)ら。

 捜査関係者によると、正彦容疑者はアルフレックスの経営に実質的に関与し、資産隠しを主導。海外の複数の別口座に頻繁に送金する手続きを繰り返すなどした資産は、総額約40億円に上るという。ペキシムの資金について複数の海外の会社経由で、アルフレックス名義の口座に増資名目で還流させていたとみられる。 6人の逮捕容疑は平成25年11月ごろ、共謀し、整理回収機構(RCC)が債権回収を進めていた負債のうち約40億円分の強制執行を免れるため、アルフレックス名義の預金口座から約2億円をカナダにある法律事務所の口座に送金し、不正に資産を隠匿したとしている。

 正彦容疑者は1980年代、拝観料にかける古都保存協力税(古都税)問題で、京都仏教会側の交渉役などを担った。

 

中国マネーによる不動産爆買いと“投資移民” 不正資金も流入か|ESTATE ...

中国マネーによる不動産爆買いと“投資移民” 不正資金も流入か

2015.12.8|不動産投資ニュース

不動産の爆買いをしている一部の中国マネーは、不正資金ではないかと指摘している記事です。

不動産爆買いと不正資金流入 日本を侵食し始めた中国マネーの怖さ

近年、アジアの国・エリアから、日本への不動産投資が増加の一途をたどっている。中でも中国大陸からの投資が目立つ。オフィスビル、ホテル以外にも、我々の生活に身近な住宅への投資もある。

物件によっては、外国人が占める割合が高いところもある。豊洲の某タワーマンションでは、区分所有者のうち2割が中国人だとも言われている。

都内の不動産業者は「都心の不動産に対する中国人の関心が非常に高まっている」と明かす。こうした背景には、中国からの脱出を試みるヒトやカネの動きがある。中国では、不動産価格上昇の限界がいよいよ見え始めた。中国経済も黄金期が過ぎ去り、不動産の右肩上がりもピークアウトする今、富裕層の資金は世界の不動産市場に向かい移動を始めた。

(中略)
日本への不動産投資も今後問題化?

中国では「個人による年間5万ドル以上の資金の国外持ち出しは違法」としているが、現実には法の網目をかいくぐる多様な手口で、多額の資金移転を可能にしており、その有効な対処ができないことにも手を焼いている。

不動産取引上、爆買いに用いられる多額の現金が不正資金であるかどうかを確認することは、決して容易なことではないと思います。高額な不動産取引を蹴ってまで、不動産業者が買主である中国マネーを疑い続けるとは思えないからです。そもそも多くの(危機感の薄い)日本の不動産業者は、法の編目をかいくぐられたならば手も足もでないでしょう。

出来るだけの精査をしつつ、危険だと思われる取引きには携わることのないよう留意するしかないですね。

 

 

政治改革抜きの不正資金活用で成長を目指す中国経済 | WEBネットマネー

巨額の非合法資金を本土に還流 一息ついた中国経済 (3/4ページ ...

巨額の非合法資金を本土に還流 一息ついた中国経済 (3/4ページ)

2014.1.11 12:00

  http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140111/mcb1401111201016-n3.htm

 

【拡大】

 党の利権官僚によって不正蓄財される資金は、香港経由などで海外にいったん移された後、今度は「外資」を装って還流する。この非合法マネーの大半は投機的で「熱銭(ホットマネー)」と呼ばれるが、規模は半端ではない。

 不正資金総額を粗っぽい中国統計から正確に算出することは不可能だが、およその見当はつけられる。厳しい外国為替管理体制を敷く中国で海外との間で合法的に出入りできる資金は、(1)貿易収支の黒字または赤字分、(2)中国からの対外投資に伴う利子・配当収入から外国企業の対中投資の利子・配当収入を差し引いた所得収支、(3)外国からの対中直接投資--である。これら合法資金の純増加額合計から外貨準備増加額を差し引いた額を非合法な資本収支としてみなしたのが下のグラフだ。

 非合法資金はリーマン・ショック直後に年間2000億ドル規模で逃避したが、党指令による融資増で値上がりし始めた不動産に熱銭が還流し、不動産や金融のバブルを引き起こした。

 

 

匿名相談 ~うちの会社の脱税を告発したい~

https://www.tax-support.xyz/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/%E7%A8%8E%E5%8B%99%E8%AA%BF%E6%9F%BB/%E5%8C%BF%E5%90%8D%E7%9B%B8%E8%AB%87%E3%80%80%EF%BD%9E%E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AE%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AE%E8%84%B1%E7%A8%8E%E3%82%92%E5%91%8A%E7%99%BA%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84%EF%BD%9E-8

・架空の業務委託契約を締結する目的
→ 例:子会社の財務支援、簿外資産の蓄財、架空経費計上による所得圧縮(=単なる脱税)

・子会社は実際には何の活動もしていない事実

・送金額がプールされ、簿外で管理されている事実(あれば・・・)

・資金還流の事実(あれば・・・)

 

2012年10月4日

[橘玲の日々刻々]海外資産の申告義務化で"小金持ち"が陥りかねない罠 ..

 [橘玲の日々刻々]海外資産の申告義務化で"小金持ち"が陥りかねない罠

 いま、プライベートバンク(PB)業界でもっともホットなビジネスは「国外財産調書制度」対策だ。 
2012年度税制改正で創設された国外財産調書制度は、株や預金、不動産など5000万円相当を超える資産を国外に保有している個人(日本の居住者)に対して、所轄の税務署に調書(財産目録)の提出を義務づけるものだ(制度の適用は13年12月31日時点の財産からで、調書の提出期限は確定申告と同じく翌年3月15日)。

 国外財産調書制度の最大の特徴は、罰則規定があることだ。故意の調書不提出や虚偽記載は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる(罰則の適用には1年の猶予があり、14年末の国外財産評価分から)。

 政府税制調査会の説明によれば、5000万円という金額は相続税基礎控除を勘案して決めたという。制度の目的が、海外資産を利用した相続税逃れを封じることなのは明らかだ。

この事件で最初に逮捕・収監されたのはフロリダの会計士で、UBSにオフショア籍の法人名義で秘密口座を保有し、700万ドル(約5億6000万円)の未申告の収益を不正に米国内に還流させ、不動産などを購入していた。それ以外でも、UBSのプライベートバンカーの勧めに応じて“高度な節税スキーム”を利用した顧客が、意図的な租税回避として軒並みIRSの標的にされたのだ。

 米国と同じく日本の税法も、オフショア法人の安易な利用を「タックスヘイヴン対策税制」で規制している。 

 

 

「脱税のツケ」米富裕層の憂鬱 『日経ヴェリタス』2009年8月30日号

http://www.tachibana-akira.com/2010/08/325/2

投稿日: 2010年8月10日 作成者: staff

最初の“犠牲者”はフロリダの会計士だった。億万長者相手に豪華ヨットを建造・販売する事業で富を得たマイケル・ルービンシュタインは、スイスのプライベートバンクオフショア籍の法人名義で秘密口座を保有し、700万ドルの未申告の収益を不正に米国内に還流させ、不動産を購入し豪邸を手に入れた。09年4月、ルービンシュタンは脱税容疑で逮捕・起訴され、2ヶ月の収監の後、有罪を認め1200万ドルの保釈金を支払ってようやくつかの間の自由を取り戻した。

2月18日、プライベートバンク大手UBSは、富裕な米国人顧客の脱税を幇助していたことを認め、総額7億8000万ドルの罰金を支払うとともに、285人の顧客名簿を米司法当局に提出した。ルービンシュタインは、この名簿による逮捕者の第一号だった。8月14日、司法当局がさらに150件の訴訟を準備していることが報じられた。

 

 

 

 

資金洗浄 - Wikipedia

資金洗浄

資金洗浄(しきんせんじょう)とは、犯罪によって得られた収益金の出所などを隠蔽して正当な手段で得たお金と見せかけることで、一般市場で使っても身元がばれないようにする行為である。「マネー・ローンダリング」「マネー・ロンダリング」(: money laundering[† 1])などとも言う。金融庁・警察庁などの公的文書[1][2]では「マネー・ローンダリング」で統一されており、経済産業省では「マネー・ロンダリング[3]、外務省[4]・報道では「マネーロンダリング」の使用が多く、「資金洗浄」単体での表記はまれである。略称は「マネロン」。マイヤー・ランスキーがマネーローンダリングを初めて行ったといわれる。

 

 

 

マネーロンダリングの全て-手口と対策方法-

マネーロンダリングhttp://www.bright-air-coupons.com/

マネーロンダリングで資金が綺麗になる仕組みとは


参考サイト:ヤミ金問題に積極的な弁護士・司法書士リスト 相談無料

法律に違反心太資金のマネーロンダリング

マネーロンダリングとは、法律に違反して作った資金を、合法的なものに移す方法を指します。たとえば脱税によって貯めた資金は、そのままでは使うことができない場合があります。このような資金を海外の金融機関などを通していくことによって、日本で合法的な資金として使う方法などがあります。もちろんこれは法律に反していますから犯罪行為となります。最近では香港の銀行を利用するといった手口があります。スイスにあるプライベートバンクなどを用いてマネーロンダリングする方法はアニメなどでも有名になっています。海外では課税方式や規制などが異なりますから、国内の銀行に預けておくよりも安全なケースがあります。どの場合であってもマネーロンダリングは法律に反しているという点に注意が必要です。違法な行為を行わないのはもちろんのことですが、裏金は作らずに、きちんと税金を支払っておいたほうが安心ですし、後々のためにもなると考えられます。

 

 

タックス・ヘイブンとマネーロンダリング - 浮世風呂 - Gooブログ

http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/067309379dbc2132406d14787ddb4021

タックス・ヘイブンとマネーロンダリング

2012-04-21 20:21:58 | 資料

最近、オリンパスのお陰でまたケイマン諸島租税回避地タックスヘイブン)が脚光を浴びている。

円を超える規模であり、国・地域ベースでは最大の相手になっている。

 ただし、いうまでもないが、こうした方法で送金すれば、所得の存在が当局に明らかになってしまう。上で述べたような場合には、当局に把握されないかたちで現金を持ち込む必要がある。では、どのようにするのだろうか?

 いろいろな方法があるのだが、ジョン・グリシャムの『法律事務所』には、法律事務所が所有する小型ジェット機で現金を運ぶ場面が出てくる。100ドル札と20ドル札を段ボールに入れて25個、650万ドル(6億円ほど)をケイマン諸島まで運ぶ。これはもちろん違法だが、ケイマンの税関や銀行などに賄賂を使って実行しているらしい。

 「運び屋」を使う場合もあるのだそうだ。1万ドル以下の現金は税関の申告が不要なので、チンピラやその情婦たち、学生、その他のフリーランスに現金9800ドルとケイマンやバハマへの航空券を渡して運ばせ、現地の銀行に預金させる。タダで休暇旅行ができるのだから、志願者はいくらでもいる。これは、合法的な方法だ。1回で運べる金額は大したものではないが、300人の人間が年に20回運べば、6000万ドル近く(60億円弱)を持ち出せることになる。この方法は、「スマーフィング」(smurfing)と呼ばれる(この言葉は、英和辞典には載っていない。「密輸」という意味のsmugglingからつくった言葉だろうか?)。

 これは素人をその都度契約して運ばせる方法だが、プロが行なう場合もある。100万ドル程度(1億円弱)の現金を、空港の探知機で見つからないように巧妙に新聞紙でくるみ、ブリーフケースに入れて機内に持ち込んで運ぶ。これは違法な方法なので、たまに捕まる場合もある。しかし、運び屋はけっして口を割らない。また、運び屋が現金をもったまま姿をくらましてしまうこともある。しかし、必ず探し出されて、消されてしまう。

 このとおりのことが現実に行なわれているのかどうか、私には確かめようがない。ただし、これに類似した方法での持ち出しが行なわれていることは、間違いない。その証拠は、国際収支表に「誤差脱漏」という項目が現われることである。

・・・

中国人がマカオに行くのはギャンブルのためだけではない。人民元持ち出し制限を逃れるため、汚職公務員などが仲介人を利用してカジノのチップを香港ドルに両替して香港や海外へ送金しているのだ。マネーロンダリングは驚異的な規模に膨れ上がり、マカオ大学の馮家超(フォン・ジアチャオ)カジノ学研究所所長によると「想像を絶する方法でロンダリングが行われている」という。

中国では個人資産への法的保護が弱く、富裕層が資金を国外に移す動きをみせているメリルリンチは海外に流出する「ホットマネー」が金融不安を招く恐れがあると警告しており、中国政府も2008年から中国本土住民のマカオビザ発給を制限し始めている。

・・・
 通常、管理局は企業の届け出リストや新聞などの報道を通して、違法行為を発見しているが、警察などの関係当局および個人の通報も寄せられるという。

日本のヤクザ、五菱会(ごりょうかい)系の組織に所属し、「ヤミ金融の帝王」と呼ばれた梶山進被告がスイスの銀行口座に預けた資金が2003年末、凍結された。チューリヒ州検察局が凍結した金額は、6,100万フラン(約51億円)。ほとんどがヤミ金融で違法に得た収益と見られる。

日本でもタックスヘイブン税制が施行されている。

タックスヘイブン税制とは、日本法人がタックスヘイブンに設立した海外子会社を利用した租税回避行為を防止するため、海外子会社の留保所得を、その持分に応じて、親会社の所得に合算して課税する制度のこと。

しかし、各国がマネーロンダリングに注意を払い、タックスヘイブンの各国や地域が調査に協力したとしても、それを上回る知恵をもっているのも富豪とそれをアシストする弁護士やコンサルタント達だということだろう。

事実、日本国内でも数多くのタックスヘイブンを勧める広告がある。参考としてGoogleで「タックスヘイブン」で検索を行うと出てくるだろう。中にはかなり怪しい業者も存在する。

しかしブラックリストやグレーリストでも、近年は各国当局の求めに応じて調査に協力する傾向にある。国税調査などで発覚すれば、まず間違いなく悪事は暴かれると覚悟がいるだろう。

 

 

海外移住計画.com

2013年6月29日 · 

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=165314680317688&id=139897699526053

国税の恐ろしさ…】先日、珍しくあるセミナーに参加してきました。

書ける範囲でシェアしますね。講師は、元国税局国際調査官の方。

内容は、非常に興味深い!面白いという以上に、驚く話ばかりで、納税はしっかりしようとより心に誓ったのでした。(今もしていますが…)なぜか?

国税局は、あなたのことを怖いくらいにすべて知っているからです。例えば、ある企業のオーナーさん。会社の経費で愛人さんへ支払い(プレゼント)をしていることが多いのですが、資金の動きから、愛人さんのスリーサイズまで把握できてしまうほどの情報網です。国税局という場所は、個人情報保護法の適用を受けません。よって、データに残る我々の情報は全部把握ができてしまうのです(怖)。手渡しや郵便など、アナログなやり取りは把握できないようですが、それ以外はすべて把握できるということでした。


▼国内居住者の海外資産について租税条約を結んでいる国は、大半は把握済みです。これまで「脱税天国」と言われていた国や地域の租税条約も財務局のサイトにUPされています。自分の名前を隠した海外企業であったとしても、実質、所有者の日本人は把握ができているようですね…。5年、6年、7年と時効ぎりぎりまで時間を掛けて太らせて、「追徴課税」や「重加算税」などたっぷり取りに行くのが国税のやり方です。というわけで、下手に節税や脱税をするよりも、
きちんと納税した方が結局安く付きます。スーパーエリート集団、国税の情報網、調査力は半端ないです。例えば、一昔前は、海外銀行口座の資金はバレないというイメージがありました。しかし、7年ほど前からHSBC香港に、国税の特別チームが日本人の口座のすべてを把握しているそうです。
(人数は5人程度)どうやって把握するのかというと、パスポートに漢字を使っているのは、日本人だけ
です。中国人や香港人はローマ字を使います。

しかし、日本人だけが漢字なので、契約者のパスポートを見れば、
すぐ日本人が把握できます。だから、5名程度でも十分、把握ができるのです。

今年からはシンガポールにも国税が飛び、同様の調査をしています。

というわけで、日本の国税が把握できないという銀行は、世界にはもうほとんどありません。

【海外銀行口座開設】海外に保有する口座情報は国税庁に筒抜けに

ontheway2011.blog81.fc2.com › 仕事

2015/03/31 - 1)日本居住者がHSBC(香港上海銀行)香港で口座開設2)HSBC(香港上海銀行)が香港税務当局へ、日本人の口座情報を報告3)香港財務当局が日本税務当局へ日本人の口座情報を提供4)日本財務当局が日本居住者へ調査・課税という ...

 

 

租税回避策、税理士に開示義務 拒めば罰則も :日本経済新聞

www.nikkei.com › 速報 › 経済

2016/08/23 - 財務省国税庁は企業や富裕層租税回避策を指南する税理士に仕組みの開示を義務付ける方針だ。租税回避地(タックスヘイブン)に資産を移すなど悪質な税逃れを把握する狙い。成功報酬を受け取るなどした税理士に.

 

 

パナマ文書:国税当局、情報収集 - 毎日新聞

mainichi.jp/articles/20160510/k00/00e/040/178000c

2016/05/10 - 日本の国税当局は近年、富裕層や企業による租税回避地タックスヘイブン)を使った脱税や資産隠しがないか監視を強化している。「パナマ文書」にはこうした調査の端緒になる資料が含まれている可能性があり、国税当局も必要な情報収集を ...

 

 

相続税逃れの海外移住に網 政府・与党検討 :日本経済新聞

www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H2S_Q6A021C1MM8000/

2016/10/21 - 政府与党海外資産への相続課税を抜本的に見直す方針だ。相続人と被相続人海外に5年超居住している場合、海外資産には相続税がかからないが、課税できるようにする。税逃れに歯止めをかける狙いだ。日本で一時的に働く外国人 ...

 

超富裕層の税逃れ監視、全国展開 国税庁、来年7月から:朝日新聞デジタル

www.asahi.com/articles/ASJBT6450JBTUTIL040.html

2016/10/25 - 国税庁は25日、国際的な租税回避や富裕層による海外への資産隠しなどに対応する「国際戦略トータルプラン」を公表した。このなかで、富裕層の中でも特に資産を持っている人たちの情報を専門的に集めて監視する取…

 

その海外移住は節税か?税金逃れか? 東京国税局の指摘内容 | マイナビ ...

news.mynavi.jp › マネー › 経済

2014/06/19 - 某一部上場企業の会長の香港移住問題 少し前の読売新聞に『香港移住で税回避』というタイトルの記事が掲載されていました。この記事の内容の概要は次の通りです。 某一部上場企業の会長が、2008年に、代表…

 

 

相続税対策の養子縁組は有効か? 最高裁が初判断へ 12月に弁論
産経ニュース-20 時間前2016.11.5 12:59

http://www.sankei.com/affairs/news/161105/afr1611050010-n1.html
相続税対策の養子縁組は有効か? 最高裁が初判断へ 12月に弁論