武闘派法律家の真実ブログ時代の変化を捉える職人・公益性と事実の意見 武闘派法律家

巨額の損害賠償請求・司法書士や税理士へ余り過ぎた弁護士が襲いかかる時代 否認や非弁の無料鑑定・公認会計士資格 飯田はじめ03-6265-6349このブログは飯田の個人的意見です

香港へ投資 詐欺容疑で親子逮捕 被害11億円か?香港をエサに道具のプロ詐欺師はアクティブに騙す

以下記事転載

 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170111/k10010835641000.html

 

1月11日 17時27分

香港へ投資 詐欺容疑で親子逮捕 被害11億円か

香港の消費者金融に投資すればもうかるなどとうそを言って都内の男性からおよそ2億4000万円をだまし取ったとして、金融会社を経営していた親子が逮捕され警視庁は、被害額が11億円に上るとみて調べています。2人は、いずれも容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、国内や香港で金融会社を経営する「バンリ・グループ」の代表だった落合文太郎容疑者(71)と、次男で副代表だった是光容疑者(47)です。警視庁の調べによりますと、2人は平成22年5月ごろ、都内の71歳の男性に対し「香港の消費者金融に投資してくれれば、年利13%の配当がある」などとうそを言って、およそ2億4000万円をだまし取った疑いがもたれています。警視庁によりますと、香港での事業に投資していたのは集めた金の一部で、高級車やブランド品などに私的に流用していたとみられています。

また、同様の被害を訴える20数人が刑事告訴していて、総額は11億円に上るということです。警視庁の調べに対し、2人は「一切知りません」などと容疑を否認しているということです。

 

 

 

「香港で事業」と投資募る=自転車操業、30億円超集金か-詐欺容疑で元代表ら逮捕http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011100380&g=soc

 

投資詐欺に使われた香港での消費者金融事業を紹介するパンフレットや勧誘資料

 高利回りをうたい香港での貸金事業への投資名目で金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は11日、詐欺容疑で、金融業などを営む「バンリ・グループ」(東京都中央区)の元代表落合文太郎容疑者(71)=京都市中京区錦堀川町=と、元副代表で次男の是光容疑者(47)=千葉市緑区あすみが丘=を逮捕した。いずれも容疑を否認しているという。
 関係者によると、集めた金は総額三十数億円に上るが、時効分などを除いた被害額は少なくとも約11億円に及ぶとみられる。
 捜査関係者などによると、落合容疑者らは2008年6月、香港での消費者金融業を目的に「香港金融プロジェクト」(東京都中央区)を設立。「年利6割で貸し付けができ、すごくもうかる」「複利運用で実質利回りは15%以上」などとうたい、事業への投資を持ち掛けていた。
 集めた金は別の投資者への利息支払いや元本返済に充てられており、「自転車操業」状態だった。同課は、会社が破綻状態となった後に集めた部分について、詐欺に当たると判断した。
 投資額の一部は事業資金に活用されたが、約束の年利を支払える収益はなかった。落合容疑者らは高級外車購入費や宿泊費などとしても使っていたという。
 逮捕容疑は10年10月中旬ごろ、年利約13%の複利や元本全額償還などをうたい、東京都港区の元会社役員の男性(71)に同プロジェクト名義の銀行口座へ約2億4000万円を振り込ませ、だまし取った疑い。(2017/01/11-16:16)

 

 

詐欺容疑で金融グループ元代表ら逮捕 被害訴え11億円

http://digital.asahi.com/articles/ASK1C3VCCK1CUTIL00W.html?rm=260

 

2017年1月12日00時21分

落合文太郎容疑者

 香港で貸金業を営むとして投資を募り、別目的に使ったとして、警視庁は11日、東京都の金融グループ「バンリ・グループ」元代表の落合文太郎(71)、元副代表で次男の是光(47)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕し、発表した。ともに容疑を否認しているという。

 グループを巡っては、約20人が計約11億円の被害を訴えているという。

 捜査2課によると、2人は2010年10月ごろ、香港で貸金業に投資する名目で東京都の男性(71)から約2億4千万円を受け取り、2億円強を遊興費や他の債権者への利息払いに流用したなどの疑いが持たれている。

■悔やむ債権者「催眠術にかかったようだった」

 「バンリ・グループ」に資金を投じた人には、知人や親族を巻き込んで資金を集めた人もいた。「催眠術にかかったようだった」。取材に応じた債権者はそう振り返る。

 会社役員の60代男性は2006年11月、ゴルフコンペで代表と知り合った。「香港で金融をやれば大もうけできる」との誘い文句に乗り、退職金約2千万円を代表に預けた。

 代表からは「香港は順調にいっている」と毎日のように電話。信じ込んでしまった。代表に頼まれ、集金のための会社を立ち上げると、知人や親族から計2億5千万円を借金の形で集め、バンリの関連会社に送った。

 だが、12年4月、こんな手紙が代表から届いた。「のっぴきならない事態が起き、しばらく身を隠さなければならなくなりました」――。関連会社の口座の残高は1万円程度。「だまされた」と気付いた。

 集めた金は負債となって自分にのしかかった。周囲からは「お前も知っていたんだろう」となじられ、自宅を売却するまでに追い詰められた。「人生が変わってしまった」と悔やむ。

 また、バンリの関連会社の役員だった男性(68)は代表から「名前だけ貸して」と言われて役員になった。だが次第に関与を深めていき、知り合い約30人から20億円以上を集め、自らも一部の関連会社の連帯保証人に。今も10億円ほどの負債を抱えているという。

詐欺容疑の金融会社代表、出資者に知人紹介させる? 

2017/1/11 14:00 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG11H2D_R10C17A1CC0000/

日本経済新聞 電子版

 逮捕された落合文太郎容疑者は出資者に対し、自らを「著名な銀行のトップから金融を学んだ」などと説明。政財界大物との親交をちらつかせて出資者を信用させていた。さらに知人を紹介させる手口で詐取金を膨らませたとみられる。 退職金と貯金の計約6千万円を拠出した男性(67)によると、同容疑者は「香港では金利を最大で年60%にできるから消費者金融がもうかる」などと言葉巧みに出資を持ちかけた。当初は利息の支払いも毎月あったため信用し、男性は10人以上の知人に出資を勧めたという。

 「のっぴきならない事情でしばらく姿を隠します」。こんな手紙を残して同容疑者が連絡を絶ったのは2012年4月。男性は慌てて香港の事務所を訪ねたが、応対した落合是光容疑者は「私も困っている」などと返金に応じなかった。

 男性は「詐欺被害が原因で妻と離婚し、知人からは金を返せと責められるようになった。持ち家を含め財産を失ったが、人間関係を壊されたのが何よりもつらい」と手で顔を覆った。

 

 

資金運用せず、広告宣伝費に=好業績装い、投資誘う-警視庁・バンリ投資詐欺事件http://www.jiji.com/jc/article?k=2017011200064&g=soc

 

 「バンリ・グループ」の投資詐欺事件で、落合文太郎容疑者(71)らが香港に送金した金をほとんど運用に回さず、広告宣伝費に充てていたことが12日、捜査関係者などへの取材で分かった。警視庁捜査2課は、新聞広告などを展開することで好業績を装い、投資の呼び水にする狙いがあったとみて調べている。
 被害者グループが出した告訴状によると、2008年6月~12年3月に集めた約15億円のうち、貸金事業を行っているとする香港に送金されたのは約7億円。このうち約2億円は融資事業に充てられたが、残り約5億円は広告宣伝や事務所の家賃に使われたという。
 事業のパンフレットには、現地で広告展開する様子が紹介された。それによると、香港の新聞に大きく広告が掲載されたほか、車体や車内が同社の宣伝だらけになる「ラッピングバス」もあった。
 パンフレットは、落合容疑者夫妻がゴルバチョフソ連大統領と一緒に撮った写真も掲載。人脈の広さを誇示し、信用させていた。
 香港の視察旅行に参加した被害者の男性は「客はいなかったが、店舗や広告、社員と実態はあるから、信じていた」と語った。(2017/01/12-06:02)

 

 

香港口座開設ツアーは詐欺が多いので注意![2016/07/13]

http://www.no1-reviewer.com/review/2016/07/post-1433.php


香港口座開設ツアー(特にHSBCが多い)は詐欺が多いので注意しましょう。
3%や4%の高金利が期待できる(3%や4%の金利を得たいがために数十万円かけてツアーに参加するのはばかげています。)
とか、
相続税の節税ができる
とかうたって勧誘している業者が多いですが、多くは詐欺です。


・満期になったので解約しようとしたが業者が廃業してしまい連絡がつかなくなり、仕方がないのでガイドと通訳を雇い現地まで行って解約したので、ガイド料などで多額の経費がかかってしまった。
・業者側が説明していなかった多額の諸経費がかかった。
・業者側がパスワード等を抜き取り、勝手に資金を降ろされてしまったという被害報告もありました。


1億単位の余剰資金を持っているのでない限り、こういう話にのるのはやめておきましょう。
それでも海外口座が欲しいのなら、ハワイをおすすめします。
有名なのは、Bank of Hawai。
日本語スタッフも居ますので、自分一人で手続きをすることができます。
業者を通してしまうと、情報が抜き取られてしまうというリスクがあります。


口座開設は、自分でやりましょう。