武闘派法律家の真実ブログ時代の変化を捉える職人・公益性と事実の意見 武闘派法律家

巨額の損害賠償請求・司法書士や税理士へ余り過ぎた弁護士が襲いかかる時代 否認や非弁の無料鑑定・公認会計士資格 飯田はじめ03-6265-6349このブログは飯田の個人的意見です

「ビンボーでも学校へ行こう!」 - 吉田猫次郎ブログ -から自己破産でも失業でも進学支援

生活保護の自動計算ツール

 

 

支援者

102-0083

東京都千代田区麹町3-7-1半蔵門村山ビル4F

地蔵通り法務事務所 司法書士飯田はじめ

03-6686-0023 iidacpa@gmail.com

 

 

http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-entry-1420.html

「ビンボーでも学校へ行こう!」 - 吉田猫次郎ブログ -

31

Jan2012

 

「ビンボーでも学校へ行こう!

 Category: ビンボーでも学校へ行こう   Tags: ---

超久しぶりの「ビンボーでも学校へ行こう」シリーズです。
(過去にもこれについていろいろ書いていますので、ご興味ある方はこのブログの「カテゴリー」の中から「ビンボーでも学校へ行こう」というカテゴリーをクリックしてみて下さい。)
私の仕事は中小零細企業の再生コンサルタントなので、資金繰りに困った社長さんからの相談が日常業務なわけですが、毎年この時期になると、本題のついでに、お子さんの進学費用についての相談もよく受けます。
私はこれに対して、必ず「大丈夫です。何とかなりますよ」とお答えしています。
その根拠は・・・、もう何度も書いていますので、過去の記事を読んでみて下さい。
とにかく、親がどんなに金欠でも、ブラックでも、破産者でも、子供は進学できます。行きたいところへ行かせてあげて下さい。

専門学校に行きたければ行けばいい。
東京の私立大学に行きたければ行けばいい。
海外に留学したければ行けばいい。
意志あるところに道は開ける。

学費を調達する方法は多岐にわたります。教育ローンがダメなら社会福祉協議会がある。社会福祉協議会がダメなら奨学金がある。奨学金が1つで足りないなら2つ3つ申請するという手もある。奨学金を運営している団体は数え切れないほどある。最後の奥の手としては新聞奨学生というのもある(私も新聞配達してました)。

また、調達とは全く違う角度での切り抜け方もあります。学校に直接相談して、授業料を少し待ってもらったりする方法です。(私も大学3年のときに授業料納付が遅れて一旦除籍になり、慌てて分納で払って元のサヤに戻ったことがあります。危うく中退になるところでした。今思えば、これが人生初のリスケジュール交渉でした。しかも銀行にたとえれば「期限の利益喪失」後のリスケジュールのようなものであり、なかなか難易度の高いことを学生のうちに体験したことになります。こんなことも現在のベースになっているんでしょうね)


いくつか例をあげましょう。


[その1]
 私の同級生で、慶應の医学部に進学した男がいます。彼は母子家庭の借家暮らしでした。本当は東大の医学部に行きたかったのですが落ちてしまい、仕方なく慶應の医学部に進んだという天才でした。
 慶應医学部は6年間で計2000万円近い学費がかかるそうです。(それでも私大医学部の中では一番安いほうだとか・・・) 彼はその学費を全て、奨学金でまかないました。奨学金は1口だけでなく、何口か使ったようです。中には授業料免除の奨学金もありましたが、卒業後に返済するタイプの奨学金のほうが多く、彼は卒業して医者になった時点で1000万円以上の借金を抱えていたことになります。
 でも、医者になればそのくらいの借金はどうってことありません。むしろ、借金は自分を奮い立たせるためのバネになりました。


[その2]
 私が新聞配達をしていた19歳のとき、同じ配達所に日大の学生がいました。彼は親と喧嘩して援助を断ち切られて一人暮らしをしているという身でしたが、成績が悪かったため奨学金が出なかったそうです。それで生活費と学費の両方を捻出できる新聞奨学生を選んだとのことでした。彼がその後どうなったかわかりませんが、彼がそのときよく言っていたのは、「新聞奨学生というのは就職がものすごくいいんだぞ。なにしろこの仕事は大変だから、卒業まで続けられる奴は体育会系より骨がある。企業もそれを知っている。」


[その3]
 やはり私の同級生で、国立大学の理系に進んだ男がいます。彼もまた家が貧乏で、学習塾にさえ行かせてもらったことがありませんでした。彼は入学後、家賃5000円の寮に入り、少し成績が良かったので学費も免除してもらい、そのうえ奨学金を借りたり家庭教師のアルバイトもしていたので、金銭的にはへたなサラリーマンよりも余裕のある大学生活が送れるようになりました。彼はここで、単なる学問だけでなく、「生き抜く知恵」を学びました。


他にも挙げたらキリがありません。


情報を駆使しましょう。
情報力と行動力で、どんなイバラの道でも切り開けます。


 

 

 

 

 

 

ビンボーでも学校へ行こう - 吉田猫次郎ブログ - - FC2

http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-category-11.html

29

Dec2016

お父さんが倒産危機。貯金なし。教育ローンも組めない。だけど進学できた!

 Category: ビンボーでも学校へ行こう   Tags: ---

久しぶりに「ビンボーでも学校へ行こう」 のカテゴリーです。

昨日、「倒産を防ぐ・年末を乗り切る」 という勉強会を開催したのですが、そこに参加されていた常連さんの自己紹介を、備忘録的に書きます。


① 埼玉県のAさん。2004年前からの相談者。2005年に中古車屋を閉店。だが自己破産せず。借金は住宅ローン、保証協会(代位弁済)、カードローンなど、総額1億円近く。住宅ローンはリスケしつつ返済。保証協会は直接交渉で月ウン千円ずつ返済。カードローン系は特定調停で減免しつつ遅れ遅れで罵倒されながらもゆっくり返済。いまだ借金は残っている。会社は休眠状態。この状態のまま、生活費を得るために、契約社員に転職。休眠している中古車販売会社はいつか復活させようと思っている。
 初めて相談に来られた2004年当時、お子さんは小学生と中学生だったが、Aさんはこの窮状を奥さんにもお子さんにも伝えていた。
 だが、教育は惜しまなかった。息子さん娘さんも、お父さんが大変な分、自立心が芽生えたのか、成績優秀だった。高校は県内で有数の進学校へ進んだ。学費については、お父さんがブラックで教育ローンが通らなかったが、奨学金社会福祉協議会や学費免除制度などまだまだ道があるので、使えるものは全部使った。
 その甲斐あって、息子さんは国立の難関大学に進学することができた。現在は卒業して社会人1年生だ。 娘さんは早稲田大学に進学して現在2年生だ。


② 同じく埼玉県のSさん。2003年からの相談者。小売業。2004年頃から急速に業績悪化して借入金が返済困難になり、保証協会へ代位弁済。当時、税金、も滞納しており、差押を受けたことも数回あった。2-3店舗営んでいたが、全店舗を閉鎖。以後はネット通販のみで収入を得ている。自宅は売却。子供は3人。
 こんな厳しい状況だが、やはり、その窮状を家族で共有し、子供は自立心が強くなっていった。お父さんがブラックなので教育ローンはあてにできず、貯金もないので、教育費は奨学金社会福祉協議会と学費免除制度などを駆使した。 
 現在、3人のお子さんは非常に優秀で、上の子は大学生。真ん中の子は高校生。そして下の子は超難関の国立中学に通っている。


NEKO-KENに相談に来られる方の多くは倒産寸前の零細企業の社長さんですが、上記のような事例がいくらでもあります。
「ビンボーだから進学できない」 と短絡的に考えるのはやめましょう。
意志あるところに道は開ける。