武闘派法律家の真実ブログ時代の変化を捉える職人・公益性と事実の意見 武闘派法律家

巨額の損害賠償請求・司法書士や税理士へ余り過ぎた弁護士が襲いかかる時代 否認や非弁の無料鑑定・公認会計士資格 飯田はじめ03-6265-6349このブログは飯田の個人的意見です

司法書士のバカ高い登記報酬は下請け司法書士への中抜き代を含む・・なら相見積もりするしか無い悲しさ

司法書士のバカ高い報酬は下請工場の中抜きならば、司法書士への信用回復はないどころか相見積もりしなければ成らないほど不信感があることになる

 

こういう大手の東京の司法書士法人が高額報酬を押し付けて居れば依頼者の国民からやがて信用を失うことになる。事実上の中抜きは法の予想外である。

何故に東京司法書士会は恥ずかしい下請け孫請けを禁止指導しないのだろうか

国民を馬鹿にしていたらインターネット時代にバレて信用を失うだろう。

事実上のキックバックやリベートであろう

インターネット上では情報がスマホで即時に行き渡る

 

司法書士が倫理で禁止しているが紹介する不動産営業マンへ見返りとしてリベート・キックバック・キャバ嬢接待・ゴルフ接待の交際費を上乗せして国民へ付け回ししているのだろうか

以下記事転載

記事http://blogos.com/article/212876/

全国一律の司法書士報酬には要注意

 住宅ローンの融資や借り換えなどで、避けて通れないのが不動産登記に係る司法書士報酬です。今まで、様々な司法書士報酬を見てきましたが、金額も本当に様々です。 その中で最近気になったのが、ネット銀行などが東京の大手司法書士事務所と契約を結び、全国一律の司法書士報酬ということで丸投げしてしまっている事例です。 全国一律というと聞こえが良いですが、実際は東京の大手司法書士事務所が地方の司法書士事務所に仕事を割り振るため、事務所が2カ所介在することになり、司法書士報酬は割高になります。 借り換えで言えば、抵当権の抹消と設定だけなのですが、この金額が新築マンション購入時の司法書士報酬を超えてしまったという、笑うに笑えない事例もあります。
 地方の司法書士事務所も、この金額が高いということは了承しているようなのですが、このような仕組みになっているためどうしようもないとのこと。
 地域ごとに直接依頼すれば良いと思うのですが、事務処理が東京に一極集中しているため、このような弊害が生じているものと考えられます。
 このような時は、借り換え費用も多額になってしまいますが、今後数年間で節約できる利息で自分自身を納得させるしか方法はないようです。
 無駄を省くのが得意なネット銀行であれば、司法書士報酬の無駄も省いて頂きたいと思います。タグ:

 

匿名掲示板から

 

東京から地方代書へ 移転6 設定4 委任状は東京宛て 東京が委任者の許諾を得て地方へ再委任 
いきなり受任者になれと言われて断れなければ勿論自己責任もろもろ2,3でやれ でバック3だとか で、エンドユザが20万負担とか 
代書間でバック綱紀 同業内で元請け下請けかよ。 田舎は孫請けか。 何この仕事。 
まあ、これあるよね 自分は移転(保存)やって、ネット銀行お抱えの奴と連件よくやるよ 
そういうときは、設定込みの見積を買主の業者と買主に参考までに提示してやってる 
ネット銀行お抱えの司法書士法人が馬鹿高なことをドンドン開示すりゃいいんだよ 
法人が安心感あるか? 個人事務所で十分だろ エンドの利益を考えろや 

副委任も盛り込まれた委任状だろ 
本人確認という意味では限りなくクロに近いと思うけどね 
司法書士間でキックバック綱紀はないのか 
司法書士の同業内で元請け下請けかよ。 
田舎は司法書士の末端の孫請けか。 
暴力団フランチャイズ契約かよ 
何下請けとキックバックの仕事。誰がしても結果が同じなら こういう恥ずかしい業界慣習に成るのか 
借り換え代書報酬が代書2人分相当になる事実は免れないけどな 

銀行以外でも某不動産屋が今やりはじめてるね。仕入れの地方下請書士への報酬はただ同然。売却の時のエンドユーザーへの費用はめちゃくちゃ高くてバックあり

 

司法書士法』 (職責)
  第2条 司法書士は、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、公正   かつ誠実にその業務を行わなければならない。

 『司法書士法施行規則』 (依頼誘致の禁止)
  第26条 司法書士は、不当な手段によって依頼を誘致するような行為をしてはならない。
 『司法書士倫理』 (不当誘致等)
  第13条 司法書士は、不当な方法によって事件の依頼を誘致し、又は事件を誘発してはならない。
  2 司法書士は、依頼者の紹介を受けたことについて、その対価を支払ってはならない。
  3 司法書士は、依頼者の紹介をしたことについて、その対価を受け取ってはならない。

 

東京司法書士会が調査しているが一向に改善していない様子

東司業 発 第 1 6 3 号

平成29年1月12日

会 員 各位

東京司法書士会 業務部長 後 藤 睦

「不正依頼誘致行為に関する情報提供」について

(お願い)

 

 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、当会では平成25年12月13日付東司総発第205号「依頼の誘致 に関するご注意」において、不当な金品の提供や供応を手段として依頼を誘致 (いわゆるキックバック、リベート等)することは重大な司法書士法違反であるのみならず、司法書士制度への国民に対する信頼等を著しく損なう行為であるためご注意いただくとともに、当会としても毅然と対応する旨お知らせして まいりました。

 

その対応の一環として、全日本不動産協会東京支部及び東京都宅地建物取引業協会へ、上記のような行為が司法書士法違反である旨、申し入れを行っているところでありますが、引き続き会員の皆様に不正依頼誘致行為と思われる事案につき、情報の提供をお願いすることといたしましたので、情報等をお持ちの会員は、下記のフォームにご記入いただきご提出下さいますようお願いいたします。

 

1.問題と思われる事案の種類 □ 不動産登記 □ 商業登記 □ 債務整理 □ 裁判関係 □ その他

 

2.具体的な情報提供に協力することができますか □ できます □ できません

 

3.できると答えられた場合、裏付けとなる具体的な資料を提供することができ ますか □ できます □ できません

 

4.具体的な情報及び資料の提供をすることができる方は、以下に概要をご記 入下さい。

 

*調査の実効性を高めるため、情報提供会員名の記入をお願い致します。 (会員名 登録番号 ) 東京司法書士会事務局業務課宛FAX(03-3353-9239)又は 郵送にてお送り下さい。

 

 

 

売買による不動産名義変更

http://xn--ihq79i060bleb8xig92afvh.tokyo/?page_id=149

 

不動産仲介会社を通じて、不動産を住宅ローンで購入されるお客様が、弊所をはじめ、司法書士に不動産所有権移転登記を低価格で依頼されたい場合、御見積をご依頼される段階で、あらかじめ不動産仲介会社のご担当者様、住宅ローン金融機関ご担当者様に、ご確認されることをお奨めします。

または、弊所は明朗報酬として、価格を明示しておりますので、おおまかな価格をご比較頂いた上で、不動産仲介会社のご担当者様、住宅ローン金融機関ご担当者様の名刺などをご連絡を頂ける場合、必要に応じて、弊所からのお問合せもお引受けしております。

実際に不動産売買での決済の場に立ち会う司法書士について、ごく一部の金融機関等を除き、お客様が希望される場合、ご自身で司法書士を選択出来ます。本来、司法書士を選択されるのは、その報酬をご負担になるお客様です。

1.イオン銀行三井住友銀行ソニー銀行新生銀行などの場合、支店にもよるようですが、抵当権設定登記は、金融機関が指定する司法書士が行うことを定めておられます。
その場合でも、不動産の名義変更(所有権移転登記)や抵当権抹消登記については、お客様側の司法書士が担当出来ますので、弊所のように、遠距離以外の場合では、日当(10,000円~50,000円)や立合費用(10,000円~40,000円)を請求しない司法書士であれば、所有権移転等を別に依頼されることも十分に有効であり、ご検討頂けます!

2.住信SBI銀行等の場合、指定の司法書士と面談も必須であったりして、現時点、ご選択が出来ません。

3.セゾン等の場合、お客様がご自由に司法書士を選択出来ます。

 

不動産登記手続は司法書士業務の大半を占める重要な業務です。

司法書士は自分で選んで委任する

http://www.houmu-takehara.com/realestate/index.html

 

家を購入した場合、不動産の所有権移転登記を行わなければなりません。どこの司法書士に依頼すれば良いのか? よく聞くのは、不動産業者が「うちの先生で無くては手続が出来ない。」と言われ、不動産業者が指定する司法書士に依頼するケースです。
しかし、業界の恥をさらすようですが、司法書士が不動産業者にリベートを支払い、その代わり依頼者から高額な報酬を貰うという事案が表に出てきており、実際に懲戒処分を受けている司法書士が少なくありません。
確かに、独占禁止法の関係で、司法書士の報酬は自由化され、司法書士の報酬が、高いか、安いか、一概に判断する事は出来ません。また、当事務所は価格で競争するつもりもありません。やはりサービスの質で競争しなければ、と考えております。

当事務所は、登記手続はもとより裁判手続も多く行ってきた実績があります。 なにか困りごとがあったとき、「あ、登記手続を依頼した、あの司法書士に聞いてみよう。」と相談に来られる方も多くおられます。

 

不動産購入時の司法書士さんを変えたら9万円以上下がりました。

http://e-core.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/9-360d.html

 

中古のマンションを購入することにしまして、こういう事はまだ2回目の経験ですのでいろいろ勉強になることがあります。

まずは価格交渉。

下がらなくてもいいからとりあえず言ってみるものですね。

本体価格が高いから、数%の値引きでも何十万円単位の金額になります。

これだけ貯金するのは大変なので、ダメ元で値下げしてくれたら助かりますね。


あと、不動産の移転登記について。

不動産の移転登記をするときに司法書士の先生にお願いしますが、だいたい不動産の仲介業者さんの紹介の司法書士の先生にお願いする人が多いと思います。

だいたい諸経費の中に「移転登記費用」って書かれてあって、仲介業者の人が

「あ、これは不動産の移転登記の手続き費用なので」、ってさらっと流して、

買う私たちも、

「あ、それは絶対必要な手続きだよね。」

とさらっと聞いてしまいます。物件の値段を値切ることはあっても、「登記費用」なんてものは固定の手数料だからここで値切ろうとは思わないのです。

この費用は固定額だと思い込んでしまうからですね。

あと、みんな不動産を買うという経験がしょっちゅうではないから、よく解らないまま仕切られてしまうのですね。

他に考えないといけないこともたくさんあるし。


聞いた話ですが、司法書士の先生の報酬は今自由に決められるそうです。

昔は報酬料は決められていたそうですが、途中で自由化されたらしいです。

、と言ってもやっぱり基本的なラインと言うのはあるので、タダみたいに安くはならないでしょうが、ポイントは、

不動産を購入する人の多くが仲介業者の紹介の先生に依頼しているのではないかという事。

私も、仲介業者さんに「先生はこちらで手配してもいいですか?」って言われて、

「はい、お願いします。」ってさらっと即答しましたもん。

前回倉庫を買ったときは、聞かれもしませんでした。


でも偶然その次の日に同友会の集まりで司法書士の先生を訪問し、たまたま面識が出来たので、

「そうだ、どうせ移転登記が発生するなら、全然知らない人より面識のある人にお願いした方がいいよね。」

と思いました。

この時は、面識が出来た分融通して安くしてもらえるかも、とかではなくて、どうせ何十万かかかる費用なら知らない人より、ちょっとでも知ってる人の売上になったらいいよね。

というだけの純粋な親切心です。

なのですが、きちっと見積もりを出してもらったところ、総額で10万円近く安くなりました

うわ~。。。結構でかいです。

この浮いたお金で家電が揃えられる。


考えてみると仲介業者の紹介の司法書士先生って、やっぱり「仕事ができる」とか「いい人」とか言う以上になにか取引上のメリットが仲介業者さんにもないと、優先的に紹介とかしてくれないでしょうから、リベートとかではないでしょうけどいろいろな取引やお付き合いもあるんでしょうね。

なので、不動産を買われる方はセカンドオピニオンとして複数の司法書士さんにあたってみた方がいいと思いました。

 

 

 

 

見積書の見方 -悪徳司法書士にご注意を-

https://kai-legal.com/?p=196

 

投稿日 : 2016年4月13日 最終更新日時 : 2016年11月27日 カテゴリー : お役立ち情報

社会人になって、会社の中でそれなりの地位になり、給料も増えた時に、「じゃあ、そろそろマイホームでも購入しようかな?」と思う事があるかも知れません。

その時に登場するのが、司法書士です。司法書士は、このような不動産取引が確実・安全に行われるように、皆様を縁の下から支える動きをしています。

ですが、一般の方の無知に付け込んで、必要以上に報酬を請求、所謂「ぼったくり」を行っている司法書士が少なからず存在します。今日はそんな悪徳司法書士の被害に遭わないために、見積書の見方についてお話したいと思います。

マイホームを購入する際、事前に司法書士から見積書を提示されると思います。そこには色々な項目が書かれていますが、

まずは「登録免許税」。これは登記手続きを行う場合、国に支払わなくてはいけない「税金」です。これは誰がやっても同じ金額になりますので、問題ないと思います。

次に「所有権移転」「抵当権設定」等の実際の登記手続きの報酬、及びそれに付随する書類作成(登記原因証明情報)の報酬。これは実際に行う手続きですので、ぼったくり目的で報酬を高くすると目立ってしまい、すぐに分かります。この項目の報酬を意味無く高くしている司法書士はそんなにいないはずです。

問題は、実体が良く分からない項目で報酬を請求している場合です。「調査費」「研究費」等、良く分からない項目を作って、そこで5万とか10万とか計上している場合は、要注意です。

これは悪徳司法書士が不動産会社へバックリベートする際に良く使っている手口なんです。

この5万とか10万とかがバックリベートされているのです。

不動産売買の登記の仕事は、主に不動産会社から依頼が来ます。司法書士の中には不動産会社から仕事を貰うために、バックリベートを支払っている悪徳な者がいます

ただ、普通にバックを支払っては、自分の報酬が無くなってしまいますので、上記のような謎の項目で報酬を請求し、一般市民の方が不利益を被っている現状が少なからずあります。
(身内の事で大変お恥ずかしいのですが・・・)

もし、マイホームを購入する際の司法書士の見積書で、何だか良く分からない項目があれば、その司法書士に説明を求めて下さい。説明がきちんと出来ないのであれば、司法書士を変えた方が良いかも知れません。

なおバックリベート(不当誘致)は違法行為ですので、各司法書士会はこの問題に対しては厳しく対応しております。

 

2016/01/18  http://2424247ka.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

不動産取引の悪しき慣習

某業者「○○不動産です、ご依頼したいのですがお宅は紹介料頂けますか?」
僕 「はっ?僕んとこは紹介料は支払ってませんしそもそも懲戒事由なんですけど」
某業者「みんなしてますよ」
僕 「みんなって誰ですか?」
某業者「・・・ (ガチャっ!)」

我々、司法書士は不動産取引の立会いも業務でして、不動産の名義変更に際し売主さん、買主さんの意思確認、本人確認、必要書類と署名押印を確認が出来たら買主さんから代金の受渡しが行われます。
司法書士は、登記手続の報酬を買主さんから頂きます。さて、不動産取引の大半は買主の仲介不動産屋から依頼があるのですが、昔からの悪しき名残りと言うか慣習で一部の心ない司法書士が不動産屋さんに紹介料(リベート)を払っている様で、非常に問題だと思っております。
僕が知ってるだけでも、あの人と、あの人と、え~っとあの人も。紹介料(リベート)は、司法書士会では懲戒事由(不当誘致)です。いまだに懲戒者が後を絶ちませんが、見つかったら運が悪かったと開き直って払っている同職も依然としています。本来、信頼関係で繋がるべきところ、繋がってるのがお金な訳ですから早い話、紹介料を営業ツールにする司法書士がいます。(そんな業者は、沢山払ってくれる司法書士に依頼するに決まっとうやん!)お金が嫌いな人は多くはないから、本来の報酬額から紹介料を払うと手取りは減るので、紹介料分を上乗せして買主に請求する訳です。普通、買主は、一生に一度あるかどうかの不動産取引ですし、司法書士から請求されたら、そういうものだと思ってしまうんでしょうね。

Q、上乗せすることなく通常報酬の中から紹介料を払うのは良いのか?

A、それもダメ・ダメ(やはり不当誘致)です。   一見問題なさそうに思えますが・・・。   え~っと、仮にそこの通常報酬が5万円とします。   そこから業者にリベートを1万円払うとすると司法書士の報酬としては4万円になります。   つまり4万円で出来るところを5万円請求しているので
   やはり依頼者にリベート分乗っけて請求していることになるんですね。

紹介料が会社か、担当者個人の懐に入ってるかは知りませんが、そこのあなたっ!必要のないお金を払ってるかもよ。(※会社としては紹介料の授受禁止を逆手に取って私腹を肥やす担当者もいます)

個人的には、司法書士会版「ウィキリークス」を作って、懲戒請求したいくらいです。なお、大半の司法書士は、そんなことやってないと思いますし不動産業者さんも請求していないと思いますが、紹介料の授受があるのも真実です。

司法書士 にしやん

 

 

背徳の報酬http://baibai.client.jp/a22.html

 

直線上に配置

 不動産業界(特に仲介業種)に古くから伝わる(笑)お小遣い捻出方法です。実際、正規報酬(給料、歩合給)以外の収入が、数百万・・・等の方は多くいらっしゃいます。(良い・悪いの話は別として・・)リベートや紹介料を貯めて独立した人は多いのが現実です。基本的に個人で受け取ると法律に触れる場合もあるし、会社に対しての背信的裏切り行為とみなされる方法なので、知識に留めて、自ら実践するのでなく部下を管理するうえでの防犯対策としてご活用下さい。

THE 紹介料

 不動産を取り扱うと、下記のような紹介料が発生します。事前に取り決めておく必要があります。

司法書士/登記関係の依頼に関する紹介料。紹介料 3,000円~

土地家屋調査士/上に同じ。増築登記等で依頼。紹介料 1万円~

○測量士/紹介料 10,000円~

○引越し業者/引越しを紹介するだけ。 紹介料 2,000円~

○新聞/新聞販売店と話をつける必要あり。

○リフォーム/見積もり依頼の紹介で可。紹介料の相場は工事総額の5%~10%

○建築/家一軒建てる工事なので高額です。請負価格の3%が紹介料の上限 30万円~

○解体工事/5%~10%

○ガス/プロパンガス会社も交渉次第で可能

○インターネット回線の代理店/お客様を紹介~成約で12,000円~

 

http://www.jibundetouki.com/shitumon/jibunde002.html

登記費用について教えて! 登記費用の秘密とは? | 自分で登記.com

芳樹:「最後に、実費だ」

  • 「今までに説明した内容と重複する箇所もあるが」
  • 「実費は、旅費や交通費、印紙代、切手代、通信費などだ」
  • 「これらの実費を報酬に含ませている司法書士土地家屋調査士もいるが、少ないな」
  • 「実費というと、一般消費者は仕方がないと思うだろ」
  • 「登録免許税と同じように、ごまかすことが可能だ」
  • 「最近の傾向として、登記費用の合い見積もりが増え、見積を比較しにくいように、」
  • 「わざと項目を増やしている司法書士土地家屋調査士が増えてるな」

 

  • 「不動産屋の紹介や工務店の紹介、ハウスメーカーの紹介になると」
  • 「登記費用の見積もりを出さないケースもある」
  • 「自分で登記を行うのが一番だけど、専門家に依頼するなら登記費用の見積もりを必ずもらうこと」
  • 「登記費用を安くしたいなら、合い見積もりが必須だな」
  • 「そして」
  • 「登記費用は、総額で比較することが大事だな」

 

麻美:「登記費用は、合い見積もりが必須で、総額で比較ですね!」

  • 司法書士土地家屋調査士は、国家資格者なので、人をダマすことはないというイメージでした 」
  • 「でも、登記費用を高くする工夫ばかりしているのですね。」
  • 「気を付けないといけませんね!」


芳樹:「人をダマそうとしている司法書士土地家屋調査士の数はわからないが」

  • 決して少なくはないな」
  • 「登記費用は、見積書の金額以外に追加費用が発生しないかも確認した方がよいだろう」
  • 「特に、司法書士の数が激増し、司法書士の仕事が減り競争が激しくなっている
  • 「どこかの集まりに行くと、保険屋や不動産屋がたいていいるが、」
  • 司法書士もいる、そんな感じになってきたな」

 

 

【登記業務×キックバック・紹介料相場|司法書士会注意勧告事例】 | 企業 

http://www.mc-law.jp/kigyohomu/20014/

【登記業務×キックバック・紹介料相場|司法書士会注意勧告事例】

投稿日 : 2015年7月25日 | カテゴリー : 企業法務営業活動;業種別・業法資格業・士業

1 登記業務×キックバック・スキーム発覚事例|概要
2 登記業務×キックバック・スキーム発覚事件|営業活動
3 登記業務×キックバック営業・紹介料相場判明事件
4 登記業務×実質紹介料疑惑事件|事例
5 登記業務×実質紹介料疑惑事件|判断