武闘派法律家の真実ブログ時代の変化を捉える職人・公益性と事実の意見 武闘派法律家

巨額の損害賠償請求・司法書士や税理士へ余り過ぎた弁護士が襲いかかる時代 否認や非弁の無料鑑定・公認会計士資格 飯田はじめ03-6265-6349このブログは飯田の個人的意見です

稲尾弁護士の破産申立内容から、わずか5年間で経営破綻した実態負債総額8,100万円、毎月平均100万円以上の赤字だった計算

以下記事転載

弁護士が破産するとき 稲尾弁護士、横領への転落(前)

社会

http://www.data-max.co.jp/2011/12/15/post_16429_yh_1.html

 

2011年12月15日 16:03

 依頼者からの預かり金を横領したとされる稲尾吉茂弁護士(福岡県弁護士会所属)の破産開始決定が13日、福岡地方裁判所でなされた。同氏を知る弁護士によると「いたって真面目」な人柄。法と正義を担うのになんら問題がないかに見えた。それが、開業からわずか5年間での転落。破産申立から浮かび上がった横領の背景、弁護士経営の実情を追った。

<ずさんな管理>
 破産の申立代理人弁護士によると、稲尾弁護士の負債総額は約8,100万円、債権者数70名。うち依頼者50名からの預かり金が2,750万円にのぼる。預かり金とは別に、依頼を受けた事件の着手金のうち返還すべき580万円が負債総額に含まれている。
 破産開始決定から一夜明けた12月14日、稲尾弁護士の法律事務所のドアは閉ざされたまま、なかには人の姿はなかった。昨年にはすでに事務員もいず、事務所に電話を架けてもほとんどつながらなかったという。

 稲尾弁護士は2007年、福岡市で個人事務所を開業。事務所があるのは、裁判所や福岡法務局に近い大通りに面した角地にあるビルの5階。
 申立代理人弁護士によると、開業の07年末の時点で、事務所運営の現金預金残高が、本来あるべき預かり金残高を割り込んでいた。流用は開業1年目から始まった。使途は事務所運営経費や生活費とみられ、ギャンブルや遊興費などに充てたとは考えられていない。

 今回の問題を「個人的要因」と言い切る弁護士は多い。

法律事務所ではお金の管理は通常、大きく2つにわかれる。依頼者からの預かり金と事務所運営の現金預金だ。ところが、稲尾弁護士の場合「預かり金管理と事務所運営口座の管理がずさんだった」(申立代理人)と指摘されている。

 弁護士へ事件を依頼すると、着手金と別に実費を前払いすることがよくある。依頼者の事件処理にあたってかかる郵便代、印紙代、コピー代、交通費などの実費は、基本的に依頼者が負担する。これが預かり金といわれるものである。民法で、受任者は委任事務の処理に必要な費用の前払を委任者に請求できるとされているからだ。

 法律事務所では預かり金と事務所運営金は区別して管理している。預かり金口座を依頼者一人ひとり別にするほど厳格な弁護士もいる。依頼者Aさんの預かり金は、Aさんのお金であり、別の依頼者Bさんの費用にあてることはない。ましてや、事務所の経常支出に一時的であっても流用することは考えられないという。

 今後は、裁判所が選任した破産管財人が手続きを進める。

 個人の破産申立の場合、通常、免責許可の申立を行なったものとみなされるが、稲尾弁護士は免責許可申立を行なわなかった。今回の破産申立の目的が「所有する財産を換価して、債権者に平等に配当することにある」と、申立代理人は説明する。しかし、配当があるとしてもごくわずかだとみられている。

 

 

弁護士が破産するとき 稲尾弁護士、横領への転落(中)

社会

http://www.data-max.co.jp/2011/12/16/post_16429_yh_1.html

 

2011年12月16日 07:00

 依頼者からの預かり金を横領したとされる稲尾吉茂弁護士(福岡県弁護士会所属)の破産開始決定が13日、福岡地方裁判所でなされた。同氏を知る弁護士によると「いたって真面目」な人柄。法と正義を担うのになんら問題がないかに見えた。それが、開業からわずか5年間での転落。破産申立から浮かび上がった横領の背景、弁護士経営の実情を追った。

<「懲戒弁護士」>
 法と人権を守るべき弁護士が依頼者の金を横領するという事件は、司法への信頼を揺るがした。

 福岡県弁護士会では、今年10月18日、渡邉和也弁護士の業務上横領事件の有罪判決を受けて、会長声明を出して謝罪し、再発防止、市民の信頼回復を誓ったばかりだった。
 日本弁護士連合会(日弁連)によると、「弁護士が、その使命である人権擁護と社会正義を実現するためには、いかなる権力にも屈することなく、自由独立でなければならない。そのため、日弁連には、完全な自治権が認められている」という。そのため、弁護士に対する懲戒は、弁護士会日弁連によって行なわれ、「品位を失うべき非行」があったときに、懲戒を受ける(弁護士法56条)とされている。

 懲戒弁護士の増加に警鐘を鳴らすとして、『懲戒弁護士』(原誠編、双葉社)が出版されたのが1999年。90年代に懲戒件数は増加した。2002年には66件にまで増え、それ以降は横ばい状態だ。これが氷山の一角なのか、厳正に処分した結果の数字なのか。多くの弁護士が手弁当で人権擁護に活動しているも事実だ。

弁護士連合会では、弁護士の倫理的基盤を確立強化するために、04年、拘束力のある会規「弁護士職務基本規程」を採択。不祥事防止と市民の信頼の維持・獲得に向けて、倫理研修を義務付けてもいる。
 稲尾弁護士については、10年、県弁護士会の苦情窓口に苦情が寄せられ、県弁護士会役員から本人への注意も行なわれていた。

 県弁護士会では、今年になってからは、苦情を受けて調査を開始し、11月21日には会自身が稲尾弁護士の懲戒を請求するとともに、依頼された事件処理が滞ることによる依頼者への被害を防ぐため相談窓口を設けた。相談窓口には23名の電話があり、有志弁護士が原則的に着手金無償で依頼を引き継ぐことになっている。

 稲尾弁護士は、破産開始決定が官報公告され、その2週間以内に異議がなければ破産が確定し、「破産者であって復権を得ない者」として、弁護士資格を失なう(弁護士法7条)。したがって、懲戒手続は打ち切られると見られている。しかし、相次ぐ横領事件への自浄作用、市民の信頼回復には、さかのぼって懲戒するくらいの厳しい姿勢が必要だ。
 稲尾弁護士本人は、すでに自首し、検察庁から任意聴取を受けている。当然立件されると見られている。

 

弁護士が破産するとき 稲尾弁護士、横領への転落(後)

http://www.data-max.co.jp/2011/12/19/post_16429_yh_1.html

社会

2011年12月19日 07:00

 依頼者からの預かり金を横領したとされる稲尾吉茂弁護士(福岡県弁護士会所属)の破産開始決定が13日、福岡地方裁判所でなされた。同氏を知る弁護士によると「いたって真面目」な人柄。法と正義を担うのになんら問題がないかに見えた。それが、開業からわずか5年間での転落。破産申立から浮かび上がった横領の背景、弁護士経営の実情を追った。

<弁護士の経営>
 稲尾弁護士の破産申立内容から、わずか5年間で経営破綻した実態も浮かび上がった。
 負債総額8,100万円、毎月平均100万円以上の赤字だった計算だ。実際、開業初年に経費をまかなう売上がなく、年毎に売上が減少。次々に預かり金を横領していったという構図だ。

 「弁護士白書」などによると、弁護士一人あたりの収入は2,1055万円。この10年間で約700万円減少、所得は993万円とついに1,000万円を切った(いずれも平均値よりも実態を反映している中央値)。

 事務所を単独経営する弁護士の20人に1人が年収500万円未満。「高学歴ワーキングプア」と、自嘲の声が聞かれる。年収200万円未満も1・7%いる。稲尾弁護士も、その一人だったのか。

改革10年によって、弁護士人口が3万人を超え、法律相談の機会増大、民事扶助制度の拡充など市民にとってメリットをもたらした。
 一方、司法の需要が伸びず、弁護士サイドは、相談・受任件数の減少、弁護士費用の低額下と利益率の低下に見舞われている。司法試験の新規合格者は「勤務先の法律事務所が見つからず、即独(弁護士登録してすぐに開業)、仕事がない」という。知人からの紹介で依頼するという従来の業態も様変わりし、「弁護士会や法テラス(日本司法支援センター)のあっせん」「事務所外での法律相談」を通じた受任が4割以上にのぼっている。

 こうした弁護士経営の厳しさについて弁護士に尋ねると、「稲尾弁護士の件とはまったく関係ない」と、一様に否定する。
 しかし、弁護士業界も、業績悪化や赤字経営の荒波を乗り切らなければ、使命である人権擁護と社会正義実現が「絵に描いた餅」になりかねない。

(了)

【山本 弘之】

 

 

稲尾吉茂弁護士【福岡】預り金着服、地検出頭記事をクリップするクリップ追加http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/33063973.html

 

書庫弁護士に関する記事

カテゴリ事件

2011/11/22(火) 午後 1:32

 

    弁護士、預かり金2500万円着服か…地検出頭

 

 福岡県弁護士会は22日、同会所属で福岡市の稲尾吉茂弁護士(46)が、依頼者約30人から負債整理などで預かった計約2500万円を着服した疑いがあると発表した。

 同会の調査に対し、稲尾弁護士は「金は事務所経費や生活費に充てた。返還は困難」と説明。

同会は懲戒処分を検討している。今のところ告訴や告発は行われていないが、19日に福岡地検に自ら出頭し、取り調べを受けたという。

 同会によると、稲尾弁護士は1998年4月に登録し、同市中央区舞鶴3に個人で事務所を開いていた。

2007~09年に担当した約30件の任意整理や破産申し立てで、依頼者から預かった解決金を債権者に払わなかったり、予納金を裁判所に納めなかったりした。

 消費者金融から回収した利息制限法の上限を超える金利分(過払い金)も返還していなかった。ほかにも着服の疑いがあるという。

 解決金支払いが滞ったことで、消費者金融から民事訴訟を起こされた依頼者もいる。滞っていた期間の利息は今後、依頼者に請求がくる可能性もある。

 同会は被害者から苦情を受け、今年8月頃から調査を開始。

専用窓口(ジャスト法律事務所、電話092・771・5024)を設けて相談に応じている。

 同会所属の弁護士を巡っては、相続財産管理人として管理していた遺産1945万円を着服したとして北九州市の弁護士が業務上横領罪で起訴され、10月に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受け、資格を失った。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111122-OYT1T00625.htm

 

 

 

弁護士と闘うです

 

またです。またまたまたまたです。弁護士が依頼人のお金を横領しました

今度は2500万円です

この間は福岡の弁護士が横領した金をカンパして執行猶予になりましたが

今回もカンパするのでしょうか。前は1000万円でした

それなら、これからは福岡県弁護士会の会費の中に弁償用として

毎月1万円くらい積み立てたらどうでしょうか

 

弁護士会が懲戒処分を検討しているというがこれは口だけで裁判やれば間に合いません

判決が先に出て弁護士登録抹消して懲戒処分はしません。

有罪判決が出たらもう弁護士ではありませんから懲戒処分は出しません

だから、これからは競争なのです

福岡県弁護士会綱紀委員会の懲戒処分が早いか

福岡地裁の裁判の有罪判決が早いかなのです

過去、弁護士会は逮捕された弁護士に懲戒請求を出すと言って間に合ったのは

和歌山県弁護士会元会長の楠見宗弘弁護士以外にありません

札幌の覚せい剤所持弁護士も札幌弁護士会は早くやるといいながら判決の方が先でした

そして有罪判決が不服で控訴した場合、弁護士会は判決が確定するまで処分は出しません

大阪の小川真澄弁護士は脱税でフイリッピンまで逃亡して逮捕されましたが、最高裁まで行ったのです

時間はたくさんあったのですが、大阪弁護士会最高裁判決前にようやく除名を出しました

推定無罪だからです。結局、懲戒処分は出ないことの方が多いのです。

 

東京、名古屋、大阪、広島、福岡

弁護士横領逮捕者ベルト地帯! 新幹線の駅やな~京都があればそろうのにな

 

 

稲尾吉茂弁護士

http://www.hou-nattoku.com/lawyers/lo_detail.php?lo_id=9754

 

着服疑いの稲尾吉茂弁護士【福岡】破産開始負債総額8100万円記事をクリップするクリップ追加http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/33117983.html

 

書庫弁護士に関する記事

カテゴリ事件

2011/12/13(火) 午後 4:16

facebookでシェアtwitterでつぶやく

0

着服疑いの弁護士が破産、負債総額8100万円

 

 福岡県弁護士会所属の稲尾吉茂弁護士(46)が、依頼者から債務整理などで預かった計2500万円以上の現金を着服したとされる問題で、福岡地裁は13日、稲尾弁護士の申し立てを受けて破産開始を決定した。

#rect-l{position:relative;left:-5px;}

 県弁護士会によると、弁護士法の規定で、破産が確定すれば弁護士資格を失う。

 代理人の弁護士によると、債権者は約70人で、このうち約50人が債務整理などの依頼者。

負債総額は約8100万円で、約2750万円が返済できなくなっている預かり金だという。

 県弁護士会によると、稲尾弁護士は福岡市中央区に個人で事務所を開き、2007~09年に担当した

約30件の任意整理や破産申し立てで、依頼者から預かった解決金を債権者に払わなかったり、予納金を裁判所に

納めなかったりした。同会の調査に、「事務所経費や生活費に充てた。返還は困難」と説明しているという。

 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111213-OYT1T00666.htm

 

 

弁護士と闘うです

この弁護士は11月22日に地検に出頭した弁護士です

http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/33063973.html

 

この手がありましたね、やはり弁護士ですね、どうせ弁護士できないのなら金はない事にしようです

返す金はありませんという事です

そういう破産の準備ができたから22日に地検に出頭して13日に破産開始決定でしょう

抜け目がないですね、さすが弁護士。よくあるパターンです。

管財人も仲間でしょうしね。裁判所も簡単に破産を認めるでしょうね

2750万円の被害者の救済は福岡県弁護士会日弁連がしっかりすべきでしょう

 

なお最近では大阪弁護士会の村上充昭(みつあき)弁護士が自己破産したケースがあります

 http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/31279218.html

 

 

東京弁護士会の佐竹修三弁護士も自己破産で弁護士資格を抹消しています

http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/30746340.html

 

 

2007年4月にも1件あります

 弁護士が自己破産、預かり金1億5千万円返済できず

第2東京弁護士会所属の土谷明弁護士(69)が、依頼者約300人から預かった計約1億5000万円の返済ができ  なくなったとして、来月にも東京地裁に自己破産を申し立て、弁護士を廃業することが16日、分かった。

 

25794  弁護士 稲尾 吉茂     福岡県

 

会員情報

氏名かな      いなお よししげ

氏名   稲尾 吉茂

性別   男性

 

事務所情報

事務所名      AVVOCATO稲尾吉茂法律事務所

郵便番号      〒8100073

住所   福岡県福岡市中央区舞鶴3-7-13 大禅ビル5階

 

アッヴォカート稲尾吉茂法律事務所

社名   アッヴォカート稲尾吉茂法律事務所

住所   福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目7−13−5

 

 

福岡市の稲尾吉茂弁護士が横領

http://ameblo.jp/fben/entry-11085848862.html

 

2011-11-22 12:59:06

テーマ:弁護士

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ 清きワンクリックを

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111122-OYT1T00625.htm

 

捜査機関ではなく弁護士会による発表ですから、信ぴょう性は余計に

高いように思います。身内の失態の公表ですから出費稲尾吉茂弁護士は50期です。過去に薬害肝炎弁護団に所属し、かつ、福岡市内では著名な護憲派の人権系事務所に所属していました。この点で、先日執行猶予判決を受けた北九州市の渡邊和也元弁護士と生き様が重なりますお金これじゃ借金まみれのLS出身者がプロボノ活動なんかに従事できっこありません棒人間ましてや何十億円もの

借金を新たに将来何十年にわたり弁護士会単位で抱える(ひいては会費の下方硬直性につながる)新会館建設っちゅー無謀な遠大な計画もヤバ杉スギ花粉

弁護士激増で市民が望んだのは人権系弁護士がやむを得ず悪事に次々と手を染めていく姿だったのかい探偵(ジマーマンっぽく)