武闘派法律家の真実ブログ時代の変化を捉える職人・公益性と事実の意見 武闘派法律家

巨額の損害賠償請求・司法書士や税理士へ余り過ぎた弁護士が襲いかかる時代 否認や非弁の無料鑑定・公認会計士資格 飯田はじめ03-6265-6349このブログは飯田の個人的意見です

 阿部 亮 氏が、司法書士法人 新宿事務所 代表を2017年3月31日付にてご退任?理由は何故に

以下記事転載

代表メッセージ

こんにちは。司法書士の齋藤禎範です。
この春から「新宿事務所」の代表を務めさせていただいています。
私の座右の銘は、「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」です。
わりと有名な言葉ではないかと思います。
これは私の地元、山形の米沢藩主である上杉鷹山(うえすぎ ようざん)の言葉なのです。
当たり前のようで深い言葉だと私は思っています。
やればできる、やらなければできない・・・ 「できない」というのは、ただやらないだけなのではないでしょうか?
ですからわたしは何事も「まずやってみる」を大切にしています。
これを基にした私のメッセージを、まずはお客さまに対してお伝えしようと思います。
「一歩、相談する勇気さえ持っていただければ、 あとは私や私の仲間100人の司法書士が、お客さまの行動を全力で支えます!」
私は司法書士になって、今年でちょうど10年目をむかえます。
それと同時に、司法書士法人 新宿事務所も来年の3月に、節目となる10歳をむかえます。
これまで、弊社をご信任いただいた30万人以上のお客様に感謝を申し上げるとともに、これからも引き続き、「安心」「納得」「勇気」をご提供いたしますことを、ここに改めて宣言いたします。
2017年4月吉日  齋藤 禎範

齋藤禎範のプロフィール

東京司法書士会 正会員 会員番号4859号
簡裁訴訟代理等関係業務認定番号第501592号
東北の雪国・山形蔵王樹氷に抱かれ、山形花笠祭りの掛け声を子守唄に育つ。
建築家を志し、東北の田舎から花の都大東京を目指した青年は、法律を知らないだけでつらい思いをする人々と出会い、23歳で法律家になることを決意。自然と温泉をこよなく愛し、趣味は散歩。
「雨にも負けず、風にも負けず、全国に借金で悩む人がいれば一緒に解決策を考えます。」
山形南高等学校卒業。日本大学生産工学部建築工学科卒業。
保有資格:司法書士行政書士(漫画カバチタレで有名)・2級建築士・宅地建物取引士・シニアライフマネジャー
 
社名:株式会社 NejiLaw
設立:2009年7月
資本金:400,050,000円
資本準備金:369,970,831円
役員構成:代表取締役社長 道脇 裕
取締役執行役員 新藤 歩
取締役執行役員 和田 怜
社外取締役 鑓水 英樹
最高技術顧問 工学博士 大村 泰三(元 三菱マテリアル株式会社 取締役 最高技術責任者)
特別顧問 工学博士・技術士(建設部門)井元 泉(元 株式会社IHI 取締役常務執行役員 社会基盤セクター長)
相談役 阿部 亮(司法書士法人 新宿事務所 前代表)
監査役 岩越 万里
業務内容:高機能・高性能型産業用締結部材および締結部材性能評価試験機・試験室の
開発・製造・販売・試験受託・ライセンシング
2017/03/31 阿部 亮 氏が、司法書士法人 新宿事務所 代表を2017年3月31日付にてご退任され、2017年4月1日より、弊社相談役にご就任いただく運びと成りました。
 
 

阿部亮

 
 
あべ りょう
阿部 亮 生誕 国籍 職業
1976年
日本の旗 日本
司法書士
阿部 亮(あべ りょう、1976年 - )は日本司法書士[1]ニッポン放送「阿部亮のNGO世界一周!」ラジオ番組メインパーソナリティ。夕刊フジの「阿部亮のつぶやき世界一周!」コラムを連載。東京都三宅村総合計画策定委貝会元委員。北海道札幌西高等学校卒業。
19歳で陸路を世界一周。新聞配達、建設、工場に始まり、人材派遣や営業マンなど20種類以上の仕事を経験し、28歳で司法書士になる。2009年、日本の孤児院の子どもたち60名をデイズニーランドに招待。2010年より、世界の貧困国に毎年1校ずつ学校を建設。現在までに、ネパールに4校、ミャンマーに4校、カンボジアに1校、アフリカ(ブルキナファソ)に1校、合計10校の学校を建設している。
司法書士法人新宿事務所代表を2017年3月31日付で退任し、同年4月1日、株式会社NejiLaw相談役に就任。
株式会社NejiLaw代表取締役社長である道脇裕は、人類が2000年かけても成し得なかった「ゆるまないネジ(L/Rネジ)」を発明したことで知られている。
道脇裕は、2016年11月14日放送のNHKプロフェッショナル 仕事の流儀」で特集された。以下、番組より抜粋。
一般的なネジは、らせん構造ゆえに振動や衝撃によって、必然的に「ゆるみ」が発生してしまう。それは、克服出来ない「永遠の課題」だった。道脇はそこにブレークスルーをもたらす。らせんの構造そのものを見直すことで、右回りと、左回り、両方のナットが締まる「ゆるまないネジ」を発明した。有史以来、誰も成しえなかった偉業。

著書[編集]

外部リンク[編集]