4月6日放送、フジテレビ系「FNN」



出資法違反の疑いで国際手配されていた、山辺節子62歳がタイで逮捕されたと報じ、その62歳に見えない容姿が話題になっている。


報道では、 山辺節子に警察官が近づいていき、取り囲む様子の映像を公開。

山辺節子


山辺節子に現地警察が問うと「パスポート? 1年ビザ?」と日本語で回答。さらに「書いてある。資料持ってる」、「写真? みんな持ってる」と戸惑う様子もなく堂々としていた。


今回は、 山辺節子の7億以上詐欺した出資法違反の容疑を簡単に説明する。




■目次

山辺節子の出資法違反とは
山辺節子の場合
山辺節子の国際指名手配で逮捕された場合
山辺節子の今後

山辺節子の出資法違反とは

山辺節子2



出資金の受入れ、預り金、浮貸し、金銭貸借の媒介手数料、金利について規制する日本の法律の定めを違反してるものが出資法違反。



例えば、貸金業者が金銭の貸し付けをする場合には、法定金利を超えると5年以下の懲役又は1000万円以下の罰金。
個人間であっても金利109,5パーセントを超える金銭の貸し付けを行えば、5年以下の懲役もしくは、1000万円以下の罰金またはその併科となる。




ただ、個人間のお金の貸し借りは、出資法に該当しない場合が多い。




不特定多数の人間にお金を貸し、営利を得ているのであれば出資法に違反となる。つまり、友達、知人、取引先、上司、部下と何かしらの関係が立証できれば、個人間の貸し借りとみなされ、民事不介入の警察は動くことが出来ない。




個人間の場合、利息制限法では貸付金額が100万円以上の場合は年利15%、出資法では109.5パーセントが利率の上限。
この上限を超える法外な利息請求であったり、違法な取り立て行為があるとすれば別問題だが、大抵は「借りる方が悪い」とされ、民事事件で争うしかないのが典型的なパターンとなっている。





目次にもどる
山辺節子の場合




山辺節子は、「元本を保証」するとして、「25%の利息を払う」口約束で「大企業へのつなぎ融資」を持ちかけ、6,800万円を違法に出資させた疑い。ほかにも共犯者とともに7億円以上を集めたとみられている。





山辺節子はタイの現地で警察の取り調べに「私は被害者」と供述しているようだが、そもそも、元本保証や還元率を保証すれば出資法違反になる。



なので、山辺節子は最初から詐欺するつもりでいたことは明白で、金の一部は交際相手の30代のタイ人男性に、家を購入するために使用している。








目次にもどる
山辺節子の国際指名手配で逮捕された場合





際指名手配とは、「国際刑事警察機構」による、捜査協力要請のひとつ。





簡単に説明すると、国際指名した犯人を「見つけたら逮捕してくださいね」国際刑事警察機構に要請すること。 単なる要請に過ぎないので、逮捕されるとは限らない。




例えば、日本で大麻は犯罪なので使用すれば逮捕の対象になるが、その国が犯人を指名手配したとしても、容認されている国では逮捕できない。 日本に帰らない限り、その国で安穏と暮らせることが出来る。




つまり、日本にも同様の罪が法律に定められていると、犯人を逮捕できる。
ただし、相手国との間に犯罪人引渡しに関する条約がない場合は、日本で裁くことが出来ない。 条約がある場合は、身柄を引き渡し、強制的に帰国させて裁判を受けて、服役することになる。




条約の有無によって、日本で償うか、相手国で償うかが分かれ、相手国で償う場合は、最初に犯行に及んだ国ではなく、その罪を認知して手配した国になる。山辺節子の場合は、タイと犯人引き渡し条約がないため、現地で裁かれることになる可能性が高い。





目次にもどる
山辺節子の今後



山辺節子の交際相手は、32歳のタイ人男性で牛舎を経営している実業家。


この共犯者というのは交際相手も含まれている可能性が高い。さらに、山辺節子は「私も被害者です」と容疑を否認していることから、現時点では入管法違反での逮捕となっている。




出資法違反の第一条に「何人も、不特定且つ多数の者に対し、後日出資の払いもどしとして出資金の全額若しくはこれをこえる金額に相当する金銭を支払うべき旨を明示し、又は暗黙のうちに示して、出資金の受入をしてはならない。」とある。




つまり、元本保証をうたって「出資金の受け入れをする」のが違法であり、分配の率は問われない。山辺節子が本当に黒幕ではないのなら、元本保証をうたって「出資金の受け入れをする」ことを考案した張本人が犯人で、山辺節子がそれに協力したと考えられる。



日本が犯罪人引渡し条約を結んでいる国はアメリカと韓国だけなので、山辺節子は条約によって日本に引き渡されることはないが、日本の場合は詐欺をしても数年で出所できるので、このままタイで裁かれる方が、刑期としては長くなるだろう。