読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武闘派法律家の真実ブログ時代の変化を捉える職人・公益性と事実の意見

巨額の損害賠償請求・司法書士や税理士へ余り過ぎた弁護士が襲いかかる時代 否認や非弁の無料鑑定・公認会計士飯田はじめ03-3984-2333このブログは飯田の個人的意見です

「"050"から始まる番号のワン切りに注意」 消費者庁が注意を呼びかける 架空請求に誘導される・・詐欺 記事転載

「"050"から始まる番号のワン切りに注意」 消費者庁が注意を呼びかける 架空請求に誘導されるかも

投稿日: 更新:
 
印刷
 
 
 

callbackscam

050…のワン切りに注意 かけ直すと架空請求に誘導も

 「有料動画サイトの料金が未払いだ。請求内容を知りたい方は(ダイヤルボタンの)『1』を押して」。携帯電話の着信履歴に残った番号にかけ直すと、こんな自動音声が流れて架空請求を受ける相談が相次いでいる。実在する会社に似た社名を名乗る手の込みようで、消費者庁が14日、注意を呼びかけた。

 発表によると、架空請求に誘導するのは、携帯電話に「ワン切り」で電話をかけてくる050で始まる番号。残された着信履歴にかけ直して音声通りに操作すると、都内に実在する会社に似た「TSB債権回収」の社名を名乗る人物が電話口に出て、氏名を聞き出すなどして金銭を要求するという。昨秋から3月末まで、消費生活センターなどに14件の相談があった。

 この14件では実際に支払った被害は確認されていないが、消費者庁は「いまは銀行やカード会社に電話するとたいてい自動音声が流れる。『本物の会社だ』とにおわせる手口だ」と警戒を促している。他にも、実在する会社に似た「日本債権」「CIC債権回収センター」を名乗るメールで金銭を求められてだまされた消費者もいるという。(末崎毅)

朝日新聞デジタル 2017年04月15日 05時07分)
関連ニュース