武闘派法律家の真実ブログ時代の変化を捉える職人・公益性と事実の意見 武闘派法律家

巨額の損害賠償請求・司法書士や税理士へ余り過ぎた弁護士が襲いかかる時代 否認や非弁の無料鑑定・公認会計士資格 飯田はじめ03-6265-6349このブログは飯田の個人的意見です

地面師グループ亀野裕之司法書士肩書き悪用  司法書士が地面師の仲間とは恥ずかしい信頼が無くなる

地面師グループ亀野裕之司法書士肩書き悪用 

司法書士が地面師の仲間とは恥ずかしい信頼が無くなる

以下記事転載

 

2017.5.18 02:01

http://www.sankei.com/affairs/news/170518/afr1705180002-n1.html


地面師グループ「司法書士」肩書き悪用 「処分強化」求める声も

 新たに22億円以上の不動産の架空取引に関与した疑いが発覚した宮田康徳被告らのグループは、亀野裕之被告の「司法書士」という肩書を最大限に悪用して被害者をだまし続けていた。亀野被告は何度も法務局から懲戒処分を受けたものの事件当時は現役に復帰しており、一部の司法書士からは自浄作用の強化を求める声も上がっている。

 司法書士だったことから信用してしまった」。捜査関係者によると、宮田被告に7千万円をだまし取られた横浜市の不動産会社役員の男性は、警視庁にそう話しているという。

 男性が宮田被告らに面会したのは平成24年12月~25年1月ごろ。亀野被告が「司法書士である自分が所有者の(売る)意思を確認したので信用して」と持ちかけ、たたみかけるように所有者の女性と一緒に写った写真を見せたという。

 それでも不安が残る男性が「担保が欲しい。所有者が立ち退く証明はあるのか」と尋ねると、亀野被告は後日、女性本人の署名が付いた「立ち退き証明書」を持ってきた。司法書士が写真付きで売買を保証し、証明書まで持ってきた-。不動産のプロでもある男性は、売買を決断した。

 だが、中身は全て偽造だった。写真も、亀野被告が「あいさつ」名目で無理やり面会し撮影したものだった。

 

千葉司法書士会によると、亀野被告は千葉地方法務局から平成21、25、27年に計1年10カ月の業務停止処分を受けている。いずれも不動産詐欺事件などに関与したためとみられる。捜査関係者も「司法書士の資格はそのままだったから、これだけ被害が広がった」と指摘する。

 悪質な司法書士をめぐっては東京地検が27年にも成年後見人を務めた被害者から約7千万円を横領したとして司法書士を逮捕するなど犯罪が絶えない。

 司法書士は弁護士と違い、地元の司法書士会が業務停止などの懲戒処分を下すことはできない。ある司法関係者は「司法書士会でも厳しい処分ができるようにするなど、自浄能力を強化すべきだ」としている。

 

2017.5.18 02:00

http://www.sankei.com/affairs/news/170518/afr1705180001-n1.html


地面師グループ巨額詐欺か 賠償総額22億円超 不動産架空取引 

 東京都墨田区の女性の不動産所有権が不正に移転された事件をめぐり、摘発された地面師グループが少なくとも他に3件の架空土地取引に関与し、東京地裁で計22億円超の損害賠償を命じられていたことが17日、訴訟記録などから分かった。会社役員、宮田康徳被告(54)を中心とするメンバーらが別の詐欺事件で再逮捕、起訴されていたことも判明。警視庁捜査2課は首都圏の不動産を舞台にした巨額詐欺事件に発展する可能性があるとみて、全容解明を進めている。

 東京地裁の訴訟記録などによると、グループが関与したのは、平成24年2月~25年8月の不動産取引3件。茨城県日立市と東京都品川区の土地では、売買権限がないのに土地の売却代金を受け取ったなどとして、計約9億8千万円の損害賠償を命じられた。

 港区赤坂の土地については、宮田被告らが所有権のない土地を大手ホテルチェーンに売却したとして、東京地裁が関係者に12億6千万円の損害賠償を命じている。

 いずれの訴訟の案件でもグループは土地を所有していなかったが、偽造身分証を持った偽の所有者が被害者の前に現れたり、亀野裕之被告(52)ら複数の司法書士が介在したりするなどして、架空の売買契約を成立させていた。

 宮田、亀野両被告をめぐっては、墨田区の高齢女性が所有する土地と建物の所有権をグループが持っているように成りすまし、横浜市の会社役員の男性に転売を持ちかけ、現金7千万円をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕された。

 捜査関係者によると、2人は同じ土地、建物を使って経営コンサルタントの女性から現金8千万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で3月に再逮捕された。

 

 

2017.2.14 19:11

http://www.sankei.com/affairs/news/170214/afr1702140019-n1.html


不動産不正移転事件 地面師ら7千万円詐取で再逮捕

 東京都内の女性が所有していた不動産の名義が不正に移転された事件で、土地や建物の転売名目で現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は、詐欺と偽造有印私文書行使の疑いで、会社役員、宮田康徳(54)=東京都中央区司法書士、亀野裕之(52)=目黒区▽無職、高橋利久(68)=住所不定-の3容疑者ら6人を再逮捕した。

 捜査2課によると6人は他人の不動産を無断で転売し、利益を得る「地面師」グループ。再逮捕はいずれも13日。

 再逮捕容疑は平成24年12月~25年1月、墨田区の80代女性が所有する土地や建物について、偽造した立ち退き承諾書などを示して土地や建物が転売できると装い、「この土地と建物を転売する予定だが転売先に資金がなく、後で買い戻すので、いったん購入してほしい」と持ち掛け、横浜市の不動産会社から現金7千万円をだまし取ったとしている。

6人は、女性の土地や建物が都内の病院元理事長に贈与されたとする書類を偽造し、登記をしたとして電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で逮捕されていた。

  ◇  

 今回の地面師グループによる詐欺事件は、女性が主治医だった病院元理事長に不動産についての情報を話したことがきっかけだった。信頼する医師に話した情報がいつの間にか悪用されていた格好だ。

 今回の土地取引をめぐる民事訴訟の判決によると、グループは24年9月ごろ、女性が墨田区の土地と3階建て店舗兼住宅を所有していたことを元理事長を通じて把握。女性は病気の治療に当たった元理事長を信頼し「建物をクリニックなどに使用させてもいい」などと考えていたが、贈与までの意思はなかったという。

 だが、グループにより、女性の土地と建物は25年1月に元理事長に「贈与」された形になっていた。女性が元理事長に土地と建物を贈与したとする契約書類などをもとに登記されていたが、女性の署名は偽造されたものだった。

 警視庁捜査2課は元理事長が聞いていた情報をグループ側が把握したことが犯行の発端とみており、元理事長とグループの関係も調べている

 

 

 

亀野裕之の息子は麻布に三人いるって噂や高村美奈との関係は?

http://topic-station.com/kamenohiroyuki/

2017/5/18 エンタメ社会問題

司法書士の亀野裕之がまた警察に捕まりました。

亀野裕之司法書士はもう何年も前から地面師と結託して、一般人の財産をだまし取ることを繰り返してきています。

彼は司法書士の業界では(悪い意味で)有名人なんだそうですが、こういったお金のために悪事をはたらく司法書士は一定数存在するので、

とくに珍しいケースでもないみたいですね。


悪事を裁くための法律の専門家たちが、法律を悪用するというのは何とも厄介な話です。

亀野裕之はこれまで「業務停止2か月」などの懲戒処分は受けたことがあるんですが、業務を再開させるたびに同様の詐欺を繰り返してきています。

つまり、

捕まってもまたやればいい

という考えで地面師と結託した詐欺を繰り返しているということが想像できます。

亀野裕之がこれまでやってきた詐欺はどんなものなんでしょうか。

彼はどんな人なんでしょうか。

地面師と司法書士が結託した闇ビジネスはどんな内容?

地面師という言葉は最近ちょくちょく週刊誌やネットのニュースで出てきてますが、

一般人にとってはまだまだ馴染みの薄い言葉だと思います。

地面師は詐欺師のことなんですが、

他人の土地を自分のもののように偽って第三者に売り渡す詐欺師

大辞林

という、なんともシンプルな詐欺をはたらく人のことを指します。

もう少し具体的に言うと

土地所有者が知らないうちに、偽造した印鑑証明書や委任状などを利用して、その土地の権利に関する詐欺を行う詐欺師。土地を売買して手付金をだまし取ったり、借金の抵当に入れるなど様々な手口がある。

:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

ということになります。

被害者からすると、ある日突然、自分がもつ土地や建物が他人の物になっていて、

もちろん自分のもとには1円も入ってこない、というまさに悪夢を見ている状況になります。

この詐欺のキモとなる部分は、

  • 偽造文書の完成度
  • 顧客の存在

だと思います。

 

偽造文書の完成度ですが、

最近では不動産の取引のプロ(司法書士も含め)でも見破ることが不可能なほどの偽造書類を作ることができるそうです。

顧客の存在ですが、

地面師は不動産を違法に転売することが目的なので、顧客の存在は不可欠です。

地面師と顧客がグルになっているケースがほとんどだそうで、

詐欺でお金を儲ける、という目的が一致している顧客を確保して成り立つビジネス、といってもいいと思います。

そんな地面師と法律のプロである司法書士が組織的に行動すると、被害者を大量生産することが可能になりますね。

これを常習的にやってきたのが、亀野裕之という司法書士なんですね。

彼はいったいどんな人物なんでしょうか?

亀野裕之はどんな人物?高村美奈との関係は?

現在わかっていることは、亀野裕之は目黒区在住の司法書士で、年齢は52歳だということくらいです。

ネットでの噂としては、

亀野裕之には麻布在住の3人の息子がいる、などの情報がありますが現時点では真偽はわかっていません。

また、亀野裕之と同業者である高村美奈という司法書士との関係も噂されているようですが、これも詳しい情報は見つかっていません。

高村美奈氏は、千葉県で司法書士事務所を開業しています。

https://loco.yahoo.co.jp/place/g-ikrxNdzyicA/

なんらかの関係があったのかもしれませんね。

亀野裕之は悪徳司法書士として業界では有名みたいですし、懲戒処分の経験が何度もあり、今回は警察に捕まっています。

もう少し情報があってもいいと思うんですが、まだネットでも出回ってないですね。

この詐欺は、多くの被害者を生み出す違法ビジネスですし、

国土の狭い日本において、とても重要な不動産取引の根幹を揺るがすものなので、

警察やマスコミももっと本気で取り上げてほしいところですが、得体のしれない力が働いたりしてるんでしょうか。

産経新聞ではけっこう本気で取り上げるようになっていますが。

まとめ

今回は、テレビやニュース記事があまり取り上げない、地面師に関するニュースが産経新聞に掲載されていて、

司法書士の亀野裕之のことが気になったので調べたことをまとめました。

まだまだ彼の情報が少ないですが、地面師と結託して法律を悪用する亀野裕之のことはもっと報道されるべきだと思いますし、

これからの報道を期待します。

 

 

アパホテルから12億円を騙し取った「地面師」驚きの手口
カネはどこに消えたのか?http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51035

 

 

伊藤 博敏

ジャーナリスト警視庁管内だけで60件近いとされる未解決地面師事件への警告警視庁管内だけで60件近いとされる未解決地面師事件への警告

プロフィール

  

鮮やかすぎる手口

凄腕の地面師が逮捕された。

ここ数年、地面師グループのリーダーとして都内近郊に出没、私が把握しているだけで4件の架空不動産売買で約25億円を詐取した。警視庁捜査2課の調べが続けば、さらに被害金額が積み上がるに違いない。

宮田康徳容疑者(54)――。

都内各地で何社も経営するが、その多くはペーパーカンパニー。調査会社の報告書によれば、1985年に大学を卒業して損保会社に入社。不動産業に転じて、99年に会社経営者となり、その後、不動産売買、ホテル運営会社、米ハワイ州不動産会社の販売代理店、医療コンサルタントなどを経営するものの、「各社とも実態把握できない」という。

少なくとも4~5年前からは、グループを組んで「成りすまし犯」を用意、偽造書類等で売買代金を詐取する地面師が本業になっていた。

2月13日の逮捕案件は、墨田区の80代の女性が所有する土地や建物について、各種書類を偽造、横浜市の不動産会社から7000万円をだまし取ったというもの。

この件もだました相手はプロだが、宮田容疑者の名が不動産業界で一躍有名になるのは、東京・赤坂の一等地を舞台に、精力的な不動産買い付けとホテル建設で知られるAPAホテルをだまし、約12億6000万円を詐取した事件からである。

この件は、13年12月、売主に対して損害賠償請求訴訟を起こしたAPAが全面勝訴。判決文によれば、APAの解除権を認めて売主への支払いを命じているが、当然のことながらAPAに至るまでにも売買は繰り返され、資金の多くは費消され、損害は回復していない(後述のようにAPAは回答せず)。責任追及は、警視庁に委ねられた。

手口は、鮮やかというしかない。

宮田容疑者らが目をつけたのは、赤坂2丁目の外堀通りの近くにある四角い形状の約120坪だ。当時、駐車場として使われていたが、土地所有者は過去にこの土地を担保に借金をしたことがない資産家だった。

赤坂案件では現地調査は仲介業者が行い、建築設計事務所がホテル建設用地としての可否を検討。登記実務は経験豊富な司法書士に委ねられ、社内で検討の末、購入が決定する。

価格は12億6000万円で契約締結日と決済日は、13年8月6日に決まった。

同日午前12時、メガバンク赤坂見附支店に一堂が会した。大正15年生まれのSS氏(当時87歳)と昭和4年生まれのSK氏(同84歳)、ダイリツ代表の宮田容疑者、K社代表、APAから受任を受けた司法書士。他に、双方から弁護士、司法書士などが立ち会い、売買契約が成立し、APAからK社への支払いがなされ、法務局に登記が申請された。

このSSとSKの両氏が、宮田容疑者から依頼を受けた「成りすまし犯」だった。APAサイドは本人確認を住民基本台帳カードで行うが、実は、これが偽造されたものだったのだ。不動産権利書、固定資産評価証明書、印鑑証明書など契約に必要な書類もすべて偽造だった。

契約が成立し、振込が完了した時、数十万円から数百万円で雇われるという成りすまし犯の2人はホッと胸をなで下ろす。宮田容疑者ら地面師グループ(どこまで仲間かは現段階では不明)は、小躍りして喜んだに違いない。

地面師が跋扈する理由

犯行が露見したのは、売買から6日後である。

契約の主だった参加者は、東京法務局港出張所に呼ばれ、「印鑑証明書など登記の申請書類は偽造」と告げられた。その時には、麻布署の捜査員が待機、私文書偽造・同行使の疑いがあるとして、事情聴取を行っている。

だが、「成りすまし犯」の2人は既に行方知れずで、宮田容疑者は取引直後、海外に“脱出”し、連絡が取れなくなっていた。

この頃の宮田容疑者グループは、実に精力的だ。APA事件の3ヵ月前には、医療法人が品川区の一等地に所有する145坪に目を付け、港区の不動産会社A社に、「所有者が土地売却を急いでいる。知人の不動産会社アトミックを通じて買わないか」と、持ちかけた。この時もダイリツは中間登記省略で、所有権は医療法人→アトミック→P社と、移転することになった。

売買代金は3億6000万円で、13年4月5日、所有権移転手続きが行われた。宮田容疑者、アトミック、P社の代表などの契約当事者の前に現れ、医療法人理事長として署名捺印したのは55歳の「成りすまし犯」で、司法書士らが行った本人確認は、運転免許証で行なわれた。アトミックの松元哲代表は、冒頭の80歳代の夫人の土地売買代金を詐取した疑いで、2月13日、宮田容疑者とともに逮捕されている。

この他にも宮田容疑者は、茨城県日立市の不動産を都内の不動産業者に同じような手口で売却、約7億円を詐取したと報じられている。

逮捕案件の7000万円が最も被害金額が少なく、APAの赤坂の土地、医療法人の品川の土地、日立市の土地を合わせると4件約25億円になる。そのカネはどこに消え、グループは何人なのか。

被害者は、詐取されたカネが返ってくるわけでもないと情報開示に消極的で、大手メディアは「古めかしく、ありふれた事件」として大きくは取り扱わない。だが、高齢化の進展に伴う空家の急増などで狙われる土地が増え、地面師の跋扈が続く。

知名度が高いうえ、こうした犯罪への対抗策を備えているAPAがだまされたことを報じることで、警視庁管内だけで60件近いとされる未解決地面師事件への警告にしたかったが、APAは「捜査中」を理由に取材に応じることはなかった。

 

 

南麻布の不動産を無断で売却 2.4億円詐取容疑で3人逮捕 

2017/6/7 18:57

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H5C_X00C17A6CC1000/

フォームの始まり

フォームの終わり

 不動産の所有者になりすまして勝手に売却を持ちかけ2億4千万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は7日、神奈川県横須賀市佐原4、無職、中村美佐江容疑者(67)=別の詐欺罪などで起訴=ら男女3人を詐欺などの疑いで逮捕した。同課は3人の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は2014年2月、東京都港区南麻布の土地(約300平方メートル)と建物を所有する70代の女性になりすまし、売却先の神奈川県内の会社役員の男性から代金の一部として2億4千万円をだまし取った疑い。

 偽造された印鑑登録証明書などを示して売却を持ちかけたという。同課は、中村容疑者らが他人の不動産を無断で売却して利益を得る「地面師」グループとみている。

 

 

土地を不正転売か 地面師”2億円超を詐取容疑(2017/06/08 05:58)

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000102615.html

偽造した書類を使って高齢女性の土地を勝手に転売し、2億円以上をだまし取ったとして、地面師詐欺グループの男ら3人が逮捕されました。

 喜田泰壽容疑者(59)と中村美佐江容疑者(67)ら3人は、70代の女性が所有する東京・港区南麻布の土地と建物の所有者になりすまして、神奈川県の会社役員の70代の男性に勝手に売却し、約2億4000万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、喜田容疑者に指示された中村容疑者が所有者の女性になりすまし、偽造した印鑑登録証明書などを使って男性を信用させ、土地の売却話を進めたということです。警視庁は、喜田容疑者らが放置された土地を狙って勝手に売却話を進めて金をだまし取る地面師詐欺グループとみて、実態解明を進めています。

 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26H5C_W7A520C1CC1000/

 

他人の土地を無断で売却、2.8億円詐取容疑 男ら2人逮捕 

2017/5/26 23:11

フォームの始まり

フォームの終わり

 東京都練馬区の70代の女性が所有する土地や建物を無断で売却して約2億8千万円をだまし取ったとして、警視庁新宿署は26日までに、東京都八王子市上柚木、会社員、山本拓司容疑者(70)と千葉県柏市東中新宿1、無職、上原フキ子容疑者(80)を詐欺などの疑いで逮捕した。

 同署によると、山本容疑者は容疑を否認。上原容疑者は認めている。

 逮捕容疑は昨年12月、偽造された印鑑登録証明書を提出するなどし、新宿区の不動産会社から約2億8千万円をだまし取った疑い。偽の身分証も持っており、上原容疑者が練馬区の女性になりすましていたという。

 同署は、山本容疑者らが他人の不動産を勝手に売却する「地面師」と呼ばれる詐欺グループから指示を受けていたとみて調べている。